カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

COLOR HUMANO/Same(Used CD) (1972/1st) (コロル・ウーマノ/Argentina)

(中古/USED CD):03年のアルゼンチン・ミクロフォン/ソニー盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

コロル・ウーマノはブエノス・アイレス出身のグループで、元アルメンドラのエデルミロ・モリーナリが中心となって71年に結成されている。中南米&辺境系ロック愛好家には、アルメンドラやラ・ペサダというアルゼンチーナ・ロックのビッグ・ネーム関連のバンドとして知られていると思う。本作は、75年にアルゼンチンのミクロフォンからリリースされたファースト・アルバムで、紙ジャケ仕様、インサート入。メンバーは、モリーナリ、リナウド・ラファネッリ(ex.ポリフェモ,etc)、ダビド・レボン(ex.ラ・ペサダ,ペスカード・ラビオーソ,パッポズ・ブルース,ポリフェモ,etc)のトリオ編成を基本に、曲によってガブリエラ(モリーナリの奥さん)のコーラスやロドルフォ・ガルシア(ex.アルメンドラ,アケラッレ,etc)のドラムのゲスト参加がある。プロデュースはホルヘ・アルバレス。概ね、モリーナリのギター&ボーカルを軸としたゆるさ満点のブルース・ハード系で、ギターの弾きまくり感も含め、わりと典型的な南米ギター・トリオのサウンドという印象。ファズとリヴァーブの中途半端な生かかり具合といい、やりっぱなし感十分のリズム隊といい、南米的B級感全開という感じで、ダラダラとした盛り上がりをたっぷりと堪能出来る。時折アコギのしっとり感も交えた、それぞれの演奏やリフ、フレーズ自体は悪くなく、それなりにカッコよさもあるが、ともかくも南米的ヨレが全体に漂っていて、それを味わいとして楽しめるかどうかということと思う。

輸入盤
(Blues Hard/Blues,Psyche / Paper-Sleeve CD(2003) / Microfon/Sony/Argentina)

COLOR HUMANO/Same(Used CD) (1972/1st) (コロル・ウーマノ/Argentina)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

COLOR HUMANO/Same(Used CD) (1972/1st) (コロル・ウーマノ/Argentina)

Edelmiro Molinari(g,vo,p)
Rinaldo Rafanelli(b,vo,org)
David Lebon(ds,vo)
Gabriela(vo)
Rodolfo Garcia(ds,vo)

Producerd by Jorge Alvarez


収録曲目
1.Padre Sol, Madre Sal
2.Silbame Oh Cabeza
3.Larga Vida Al Sol
4.El Hachazo
5.Humberto
6.Introduccion Polenta

ページトップへ