カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

TIGER MOTH TALES/Story Tellers Part Two (2018/4th) (タイガー・モス・テイルズ/UK)

UKのホワイト・ナイト・レコードから、見開きデジ・スリーヴでのリリース。タイガー・モス・テイルズは、ノッティンガムシャー出身のピーター・ジョーンズのソロ・ユニットで、ジョーンズはアダルト・コンテンポラリー・ミュージック(AC)畑で活動する盲目のマルチ奏者。リスナーとしては子供の頃からのプログレ愛好家で、ジェネシス、スティーヴ・ハケット、ロイネ・ストルト、フロスト、ビッグ・ビッグ・トレイン等の影響を反映したサウンドを制作するプロジェクトとして、このタイガー・モス・テイルズを立ち上げたらしい。何より、17年のキャメルの来日公演に急逝したギ・ルブランの代役として参加していたので、知っている人もいるかも知れない。本作は、18年にリリースされたフォース・アルバムで、15年のセカンドに続く、ジョーンズが幼い頃から好きだった童話をモチーフとした「ストーリー・テラーズ」の第2弾。ボーカル、ギター、キーボード、ドラム・プログラミング、ホイッスル&管楽器等々、全てのパートとプロデュースをジョーンズが1人で担当して制作した音源に、曲によってエマ・フレンド、キンバーリー・ジョーンズ、ジェイミー・アンブラー、マーク・ワーデル等々が適時ゲスト参加。アンデルセンの「雪の女王」、A.A.ミルンの「ヒキガエルの館」、イソップの「狼少年」、民話「三匹の子豚」辺りをモチーフとした曲を、ジェネシス的情感を基調とした当世風シンフォニック・サウンドで展開。演奏と曲調は非常に端正かつ濃密でプログレ感満点、セリフ調のボーカル・パートはそれ程多くなく、ファンタジー・プログレ系として素直に楽しめると思う。

輸入盤
(Progressive/Symphonic,Pops / Digi-Sleeve CD(2018) / White Knight Records/UK)

TIGER MOTH TALES/Story Tellers Part Two (2018/4th) (タイガー・モス・テイルズ/UK)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

TIGER MOTH TALES/Story Tellers Part Two (2018/4th) (タイガー・モス・テイルズ/UK)

Peter Jones(vo,g,kbd,ds-programming,clnt,wsle,mldca,vocoda,xaphoon,tp)
Emma Friend(vo)
Kimberley Jones(vo)
Jamie Ambler(vo)
Mark Wardle(crnt)
Darby(howling)

Produced by Peter Jones


収録曲目
01.Best Friends
02.Kai's Journey
03.Toad Of Toad Hall
04.Hundred Acre Wood
05.Eternity
06.The Boy Who Cried Wolf
07.Three Little Pigs
08.The Palace
09.Match Girl
10.Best Friends Reprise

ページトップへ