カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

RAW MATERIAL/Same(ロウ・マテリアル) (1970/1st) (ロウ・マテリアル/UK)

国内のベル・アンティーク/マーキーから、69年のアルバム未収シングル3曲をボーナスで加えての、SHM-CD&19年新規リマスター、限定ペーパースリーヴでのリシュー。コーティング&フリップバック紙ジャケ仕様、多分初紙ジャケ化。ロウ・マテリアルはロンドン出身のグループで、コリン・キャットとフィル・ガンが中心となって68年に結成されている。本作は、70年にUKエヴォリューションからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、キャット、ガン、ミック・フレッチャー、デイヴ・グリーン(ex.シュート,etc)、ポール・ヤングの5人編成、プロデュースはエド・ウェルチ。基本的にはアート・ロックというか、プログレ色のあるサイケ&ジャジーなアングラ感満点のニュー・ロック的サウンドを展開していて、いわゆるヴァーティゴやネオン系に近似する、カッチリとはカテゴライズしにくいサウンド。サイケ然としたチープなオルガンと下品なファズ・ギター、モコモコした管楽器と重たいリズム隊に、正式なクレジットはないが曲によってフランク・リコッティのヴィブラフォンが入り、しかも曲によっては叩きまくっていたりもする。全編に渡って妖しくて暗い空気感が支配していて、マイナー調の楽曲がウネウネとインプロで盛り上がる様はそれなりにカッコよく、バンド感のある演奏は上手くはないが悪くない。特に、ラスト・ナンバーの「アメリカの崩壊」のヴィブラフォンとメロトロンの洪水が、ともかくも印象的というか余韻を残す。全体に演奏云々よりも雰囲気がよく、曇り空的なアンバー感がスティル・ライフ辺りにも近くて、その意味ではいかにもブリティッシュ然とした正しくサイケな1枚。スリーヴも含め、捨て難いB級の味わいを放つヘヴィ・サイケ・プログレ系の好盤と思う。

マーキー盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Psyche/Art Rock,Progressive,Blues / Paper-Sleeve SHM-CD(2019 Re-master) / Belle Antique/Japan)

RAW MATERIAL/Same(ロウ・マテリアル) (1970/1st) (ロウ・マテリアル/UK)

価格:

3,394円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

RAW MATERIAL/Same(ロウ・マテリアル) (1970/1st) (ロウ・マテリアル/UK)

Mick Fletcher(sax,fl,harp,vo)
Colin Catt(kbd,vo)
Dave Green(g)
Phil Gunn(b)
Paul Young(ds,per)
Frank Ricotti(vib)

Producerd by Ed Welch


収録曲目
01.Time And Illusion/タイム・アンド・イリュージョン
02.I'd Be Delighted/アイド・ビー・デライティド
03.Fighting Cock/ファイティング・クック
04.Pear On An Apple Tree/ペア・オン・アン・アップル・トゥリー
05.Future Recollections/フューチャー・リコレクションズ
06.Traveller Man/トラヴェラー・マン
07.Destruction Of America/デストラクション・オブ・アメリカ

bonus track(1969 single):
08.Bobo's Party/ボボズ・パーティ
09.Hi There Hallelujah/ハイ・ゼア・ハレルヤ
10.Days Of The Fighting Cocks/デイズ・オブ・ザ・ファイティング・コックス

ページトップへ