カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

LAURA CANNELL + STEWART LEE/These Feral Lands Volume 1 (2020) (ローラ・キャネル+スチュワート・リー/UK)

UKのブラウル・レコードから、18.7X13.7cmのオーバーサイズ・デジパックでのリリース。限定300枚プレス。ローラ・キャネルはノーフォーク州レイブニンガム出身のヴァイオリン&リコーダー奏者で、トラッドや古楽をモチーフとした即興演奏を中心に90年代後半からソロ活動を開始、近年はホーシズ・ブラウル、ホイッスリング・アロウ等でも活動している。本作は、20年にリリースされたローラとコメディアン&作家のスチュワート・リーとの連名アルバムで、ヴァイオリン&ボーカル、プロデュースのローラを軸に、語り&ボーカルのリー、チェロ&ボーカルのケイト・エリス(ex.ドゥルラ,クラッシュ・アンサンブル,etc)、ボーカル&ハーモニウムのポリー・ライト、語り&ボーカルのジェニファー・ルーシー・アランの4人が、曲によって適時参加するスタイル。基本的には、ローラの即興ヴァイオリン曲を発展させて制作したそうで、トラッド的フレーズを現代音楽調に変容させたような、ヴァイオリン、オーヴァーボウ・ヴァイオリン、チェロのドローン感空間に、トラッド基調の美しいメロディのボーカル、イングランドやアイルランドのフォークロアをモチーフとした語りなどが交叉。全体に溢れる、静謐で引き締まったスピリチュアル感は、例えば人間の破壊によって失われゆく自然の営みなどの、取返しのつかない変化に対する警鐘のようで、シリアスさの中に浮かぶ淡い情感と郷愁感が、正しくサイケなドローン感に収束。リヴァーブ感が丁度いい塩梅のサウンドスケープも見事で心地好く、トラッド・モチーフのダーク・アンビエント系としても成立する好盤と思う。面白い!。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/300枚限定プレス
(Psyche/Experimental,Trad,Drone / Oversize Digi-Pack CD(2020) / Brawl Records/UK)

LAURA CANNELL + STEWART LEE/These Feral Lands Volume 1 (2020) (ローラ・キャネル+スチュワート・リー/UK)

価格:

1,980円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

LAURA CANNELL + STEWART LEE/These Feral Lands Volume 1 (2020) (ローラ・キャネル+スチュワート・リー/UK)

Laura Cannell(vln,overbow-vln,vo)
Stewart Lee(words,vo)
Kate Ellis(cello,d-b,vo)
Polly Wright(words,hmnm)
Jennifer Lucy Allan(words,vo)

Produced by Laura Cannell


収録曲目
01.Barsham Light
02.Inhabited: The Last Icelandic Voice
03.Wrekin
04.I Could Not Go Home
05.Alone In The Wolf Thickets
06.Wellington Heights
07.Vessel
08.Inhabited: The Last Wolf In Ireland
09.Black Shuck
10.Gather The Villagers

ページトップへ