カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

URSULA K. LE GUIN & TODD BARTON/Music And Poetry Of The Kesh (1985/only) (アーシュラ・K・ル・グウィン&トッド・バートン/USA)

USAのRVNG INTL.傘下のフリーダム・トゥ・スペンドから、ペーパースリーヴでのリシュー。見開き紙ジャケ仕様で、特にリマスター表記はないが音質はクリアでよい。アーシュラ・K・ル・グウィンはカリフォルニア州バークレー出身のSF&ファンタジー作家で、ヒューゴー&ネビュラ賞を同時受賞した「闇の左手」の他、「所有せざる人々」や「ゲド戦記」シリーズで知られるビッグ・ネーム。トッド・バートンはオレゴン州出身の作曲家兼実験音楽家で、自作の楽器や民族楽器等を使用した現代音楽系の作品で知られている。本作は、85年に出版されたル・グウィンの小説「オールウェイズ・カミング・ホーム」に付録として付いていたカセット・テープ作品で、バートンがル・グウィンの友人だったことから実現した企画だったようだ。クレジット・メンバーは、ル・グウィン、バートン、アン・ホジキンソン、デイヴ・マーストン、マルコム・ロウ、パトリシア・オスカネル、レベッカ・ワーナー等々。小説は、『2万年後の北カリフォルニアを舞台に、ケシュという人類の末裔たちの穏やかで慎ましい暮らしと文化を描く』という物語だそうで、ブクラ・シンセサイザーと自作の民族楽器に、歌、ポエトリー・リーディングを交えた架空の民族音楽フィールド・レコーディング的様相のサウンド。架空のケシュ語や歌のメロディは、どこかネイテヴィ・アメリカンの言葉やトラッドに通じる懐かしさと素朴さが感じられ、シンセや架空の民族楽器の淡い響き、虫やカエル、鳥、焚火などの音も含め、優れて映像的で美しいサウンド・メイキングという印象。派手でははいが、流していて非常に心地好く雰囲気のよい好盤と思う。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Psyche/Experimentai,Ambient,Drone / Paper-Sleeve CD(2018) / Freedom To Spend/USA)

URSULA K. LE GUIN & TODD BARTON/Music And Poetry Of The Kesh (1985/only) (アーシュラ・K・ル・グウィン&トッド・バートン/USA)

価格:

2,080円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

URSULA K. LE GUIN & TODD BARTON/Music And Poetry Of The Kesh (1985/only) (アーシュラ・K・ル・グウィン&トッド・バートン/USA)

Ursula K. Le Guin(words)
Todd Barton(composed)
Anne Hodgkinson
Dave Marston
Malcom Lowe
Meredith Beck
Patricia O'Scannell
Rebecca Warner
Susan Marston
Thomas Wagner

Produced by Unknown


収録曲目
01.Heron Dance
02.Twilight Song
03.Yes - Singing
04.Dragonfly Song
05.A Homesick Song
06.The Willows
07.Lullaby - Lahela
08.Long Singing
09.The Quail Song
10.A Teaching Poem
11.A River Song
12.Sun Dance Poem
13.A Music Of The Eighth House

ページトップへ