カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

NICHOLAS GREENWOOD/Cold Cuts(コールド・カッツ) (1972/only) (ニコラス・グリーンウッド/UK)

国内のベル・アンティーク/マーキーから、SHM-CD&18年新規リマスター、限定ペーパースリーヴでのリシュー。コーティング紙ジャケ仕様、音質はクリアで迫力もあってよい。多分初紙ジャケ化。ニコラス・グリーンウッドはヘレフォードシャー州ヘレフォード出身のべーシストで、何よりクレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンやカーンでの活動で知られていると思う。本作は、72年にUKキングダムからリリースされたソロ名義唯一のアルバム(録音は70年)で、邦題は「コールド・カッツ」、歌詞・対訳付。オリジナルLPは6ケタを超えるプレミアの著名コレクターズ・アイテム。メンバーは、グリーンウッド、ディック・ヘニンガム、エリック・ピーチェイ、クリス・プリチャード、ブリン・ハワース(ex.レ・フルール・ド・リス)、バンク・ガードナー(ex.フランク・ザッパ&マザーズ)の6人が基本で、曲によってストリングス・クァルテットやハーモニー・コーラス隊が入る。マーク・チェイスとグリーンウッドの共同プロデュース。クレイジー・ワールドをプログレ寄りにしたような、妖しさと翳りのあるヘヴィ・サイケ・プログレを展開していて、ドライヴするリズム隊と鋭角なハモンド・オルガン、切り込んでくる太いギター、ジャジーな木管楽器群にストリングスが絡むアンサンブルは、わりと素直にカッコよくて濃密。R&Bを基調としたブルージーな楽曲と、クラシカルかつプログレ的でドラマティックなアレンジのマッチングもよく、バカ・プレミアム云々を抜きにしても、ブルージーなサイケ・プログレとしてかなりの好盤と思う。この英国然としたサイケなプログレ感は、ブリティッシュ・ロック愛好家なら文句なしに楽しめるのでは。この後、グリーンウッド、ピーチェイ、ヘニンガムの3人は、スティーヴ・ヒレッジと共にカーンを結成する。

マーキー盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Progressive/Psyche,Blues / Paper-Sleeve SHM-CD(2018 Re-master) / Belle Antique/Japan)

NICHOLAS GREENWOOD/Cold Cuts(コールド・カッツ) (1972/only) (ニコラス・グリーンウッド/UK)

価格:

3,394円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

NICHOLAS GREENWOOD/Cold Cuts(コールド・カッツ) (1972/only) (ニコラス・グリーンウッド/UK)

Nicholas Greenwood(vo,b,effects)
Chris Pritchard(g)
Bryn Howarth(g)
Dick Heninghem(kbd)
Eric Peachey(ds)
Bunk Gardner(winds)
Nils Oliver(strings)
Margaret Immerman(strings)
Margaret Shipman(strings)
Janet Lakatos(strings)

Producerd by Marc Chase & Nicholas Greenwood


収録曲目
01.A Sea Of Holy Pleasure Parts 1,2,3/ア・シー・オブ・ホーリー・プレジャー・パーツ1,2,3
02.Hope/Ambitions / ホープ/アンビションズ
03.Corruptions/コラプション
04.Lead Me On/リード・ミー・オン
05.Big Machine/ビッグ・マシーン
06.Close The Doors/クローズ・ザ・ドアズ
07.Melancholy/メランコリー
08.Images/イメージズ
09.Promised Land/プロミスト・ランド
10.Realisation And Death/リアライゼイション・アンド・デス

ページトップへ