カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SAENA/Dias Eternos(永遠の日々) (2021/2nd) (サエナ/Mexico)

メキシコのサフラン・メディアから、見開きデジスリーヴでのリリース。国内のマーキー/ベル・アンティークが輸入盤にオビ・解説を付けた国内流通盤。サエナは、元ニルガル・バリスでその後ソロ活動に転じたホセ・ルイス・フェルナンデス・レデスマ・キンタナ(Q)が、マルガリータ・ボテッロと共に07年頃に結成したユニットで、レデスマ・QはメキシコのRIO系シーンのかなりのビッグネーム。本作は、21年にリリースされたセカンド・アルバムで、邦題は「永遠の日々」、日本語ライナー入、08年ファースト「サエナ」から13年振りの作品。メンバーは、前作からのレデスマ・Q、マルガリータの2人に、新たにアドリアン・プロウェス、エドゥアルド・フィエルロを加えた4人編成。概ね、RIO系チェンバー感とダーク・シンフォニック感が交叉する、クラシカルで演奏性の高いサウンドを展開していて、キング・クリムゾン色を内包したギターとウォー・ギターのアルペジオ&テーマを軸に、さりげない変拍子&ポリリズムをモザイクのように配置した楽曲とアレンジは、ともかくも精緻で聴き応え十分。前作のメキシコ民謡的エキゾティックさや、カンタベリー的エレガントさも内包したシンフォニック調のプログレ感はある程度担保しつつ、全体がわりとスタイリッシュなクリムゾン的ダークネスに収束していて、チェンバー・ロック然とした透徹感が前面に顕われている印象。ギター、ウォー・ギター(12弦)、ボーカル&キーボード、ドラムによるアンサンブルは、美しさとテクニカルさが両立していて、この線としては非常に濃密で上質な好盤と思う。

マーキー盤
(Progressive/Chamber Rock,Symphonic,Canterbury / Digi-Sleeve CD(2021) / Azafran Media,Belle Antique/Mexico,Japan)

SAENA/Dias Eternos(永遠の日々) (2021/2nd) (サエナ/Mexico)

価格:

2,970円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

SAENA/Dias Eternos(永遠の日々) (2021/2nd) (サエナ/Mexico)

Jose Luis Fernandez Ledesma Q(g)
Margarita Botello(vo,kbd,acdn)
Adrian Plowes(warr-g)
Eduardo Fierro(ds,per)

Produced by Fernandez Ledesma Q, Margarita Botello, Adrian Plowes


収録曲目
1.Fin De Blues/ブルースの終わり
2.Pos Rock/ポス・ロック
3.Musetta/ムゼッタ(バグパイプ)
4.Por El Aire Vino, Por El Mar Se Fue/彼は飛行機で来て、海へと去っていった
5.Chivita Al Precipicio/絶壁の町チヴィタ
6.Caminos De Agua/水路
7.Dias Eternos/永遠の日々

ページトップへ