カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

KLAUS SCHULZE & GUNTER SCHICKERT/Schulze-Schickert Session(LP) (1975/Unrel.) (クラウス・シュルツ&ギュンター・シッケルト/German)

イタリアのミルミア・ミュージックから、限定アナログLPでのリリース。180g重量ヴァージン・ビニール使用のLP盤で、見開きスリーヴ仕様。本作は、元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルで、ジャーマン・エレクトロニクスの大御所クラウス・シュルツと、ベルリン出身の音響系ギタリストのギュンター・シッケルトのデュオによる初出未発表音源で、75年9月26日にハンビューレンのシュルツの自宅のリヴィング・ルームで行われた、即興セッションをレコーディングしたもの。2人は60年代後半のベルリンでセッション仲間だったらしく、久しぶりにシッケルトがシュルツの自宅にギターを持って遊びにいき、自然発生的にセッションに発展したようだ。プロデュースはクラウス・ミュラー。本編は6曲のクレジットだが、切れ目なしの45分程の1曲で、ホワイトノイズとシーケンサー、オルガンによる、いかにもシュルツらしいダーク&ドローンなスペイシー空間に、シッケルトの深いリバーヴのかかった12弦ギターが浮遊しながら溶け込む、非常に透徹感のあるエレクトロニクス ・サウンドを展開していて、即興とは思えない見事な演奏。75年のシッケルトのソロ・アルバム「ザントフォーゲル」のギター音響的要素も垣間みれるが、メインの流れはシュルツが作っていて、曲調やコード感、全体の雰囲気は「ブラック・ダンス」と「ムーンドーン」に近い印象。シュルツの作品群に全く引けを取らない優れて瞑想的で心地好い好盤で、シュルツ愛好家も文句なしに楽しめるだろう要チェックの1枚と思う。シッケルトが描いたスリーヴも素敵。EUプレス盤

輸入盤/限定プレス/デッドストック入荷
(Psyche/Electronics,Drone,Progressive / 180g Vinyl LP(2013) / Mirumir/Italy,EU)

KLAUS SCHULZE & GUNTER SCHICKERT/Schulze-Schickert Session(LP) (1975/Unrel.) (クラウス・シュルツ&ギュンター・シッケルト/German)

価格:

3,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

KLAUS SCHULZE & GUNTER SCHICKERT/Schulze-Schickert Session(LP) (1975/Unrel.) (クラウス・シュルツ&ギュンター・シッケルト/German)

Klaus Schulze(syn,kbd)
Gunter Schickert(g,voice)

Producerd by Klaus D.Muller


収録曲目
Side 1:
1.Die Sehnsucht Des Laien
2.Hymns To The Night
3.No-Frills

Side 2:
1.Heart Of Darkness
2.Twilight Chill
3.Blessed Twilight

ページトップへ