カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PINK FAIRIES/Never Never Land: 50th Anniversary Edition(LP) (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

オランダのミュージック・オン・ヴァイナルから、限定アナログLPでのリシュー。180g重量ヴィニール使用のLP盤で、インサート入。ピンク・フェアリーズは、プリティ・シングスを辞めたトゥインクが、スティーヴ・トックやミック・ファーレーン(ex.デヴィアンツ)等と、メンバーが流動的な状態のままで69年に結成したグループ。ファーレーンのソロ・アルバム「モナ」制作後トゥインクとファーレーンが離脱、トックはバンド名をシャグラットに変えて継続、70年になってシャグラットとは別にトゥインクが新たにピンク・フェアリーズを再編という流れ。本作は、71年にUKポリドールからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、トゥインクと、元デヴィアンツの3人、ポール・ラドルフ、ダンカン・サンダーソン、ラッセル・ハンターの4人編成、バンドとニール・スレイヴンの共同プロデュース。『色情オカマ』という隠語のバンド名で、カタギの人達からは嫌われたようだが、当時のロンドンではホークウインドと双璧を成すドラッグ・コミュニティだった、デヴィアンツ一派のハード・ロック・サウンドを展開。当然アシッドの香り満点のルーズなゆるさが充満していて、スペイシーさはないもののホークスと近似する部分も多い印象。トゥインクとハンターのツイン・ドラム、サンダーソンのドライヴするベースによるリズム隊はかなり強力で、その上でラドルフのサイケ&ブルージーなギターが縦横に飛び交う様は素直にカッコいい。全体にエッチかつヒップでノリがよく、明る過ぎず暗過ぎずで雰囲気も十分で、プログレ色のあるB級サイケ・ハードとして文句なしの好盤と思う。捨て難いB級感も申し分なく、サイケ文脈のブリティッシュ・ハード系愛好家なら素直に楽しめるのでは。カッコよし!。EUプレス盤

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/限定プレス
(Psyche Hard/Psyche,Blues,Progressive / 180g Audiophie Vinyl LP(2021) / Music On Vinyl/Holland,EU)

PINK FAIRIES/Never Never Land: 50th Anniversary Edition(LP) (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

価格:

3,180円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

PINK FAIRIES/Never Never Land: 50th Anniversary Edition(LP) (1971/1st) (ピンク・フェアリーズ/UK)

Twink(ds,vo)
Paul Rudolph(g,vo)
Duncan Sanderson(b,vo)
Russell Hunter(ds)

Producerd by Pink Fairies & Neil Slaven


収録曲目
Side One:
1.Do It
2.Heavenly Man
3.Say You Love Me
4.War Girl
5.Never Never Land

Side Two:
1.Track One Side Two
2.Thor
3.Teenage Rebel
4.Uncle Harry's Last Freakout
5.The Dream Is Just Beginning

ページトップへ