カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HEAVEN/Brass Rock 1(ブラス・ロック1)(2CD) (1971/only) (ヘヴン/UK)

国内のソニー・ミュージックから、72年のアルバム未収シングル両面2曲をボーナスで加えての、2枚組限定ペーパースリーヴでのリシュー。変形6面開き紙ジャケ仕様で、BSCD2&19年新規リマスター盤、インナーバッグ入、ライナーは山田順一、歌詞・対訳付、音質はともかくもクリア。ヘヴンはハンプシャー州ゴスポート出身のグループで、テリー・スコット・ジュニアが中心となって70年頃に結成されている。アルバム・デビュー以前に70年夏のワイト島フェスティヴァルに出演して、当時ちょっとした話題になったらしい。本作は、71年にUKのCBSからリリースされた唯一のアルバムで、メンバーは、テリー・スコット・ジュニア、エディ・ハーネット、ジェームズ・ゴードン、ヴィク・グローヴァー、デヴィッド・ホルラー、デイヴ・ガウトレー、ブッチ・ハドソン、レイ・キング、デレク・ソマーヴィレの9人編成、プロデュースはリッキー・ファー。オリジナルLPはキーフのデザインによる6面開き変型スリーヴだったので、コレクターにはそれなりに人気の作品だが、例えばイフやシカゴ、BS&T辺りをもうちょっとハード・ロック寄りにした感じの、炸裂系ブラス入ジャズ・ロックを展開。ブルージー・ハードなギターとドカスカでノリのよいリズム隊、ちょっとダミ声系の男臭いシャウト・ボーカルに、かなり分厚いブラス隊が絡み、全員で一体となってグイグイ押してくる。B級感と暑苦しさがプンプン漂う素直なカッコよさがあって、バンド感十分でノリのよい演奏も上手く、この手としてはわりと文句なしの好盤と思う。ギター・リフに乗せてダミ声のカウントが入り、ブラスがいっせいに鳴り出す1曲目のオープニングで、B級ジャズ・ロック&ブルース・ロック系愛好家ならノックアウトされるのでは。

国内盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Progressive/Jazz Rock,Blues / Paper-Sleeve Blu-spec CD2(2019 Re-master) / Sony Music/Japan)

HEAVEN/Brass Rock 1(ブラス・ロック1)(2CD) (1971/only) (ヘヴン/UK)

価格:

2,970円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

HEAVEN/Brass Rock 1(ブラス・ロック1)(2CD) (1971/only) (ヘヴン/UK)

Terry Scott Jr(vo,g,p)
Eddi Harnett(vo,g)
J.Jame's Gordon(b,vo,vln)
Vic Glover(ds,per)
David Horler(tb,p)
Dave Gautrey(tp,f-horn)
Butch Hudson(tp,f-horn)
Ray King(sax,fl,tp)
Derek Somerville(sax,fl,tp)

Produced by Rikki Farr


収録曲目
(Disc1):
1.Things I Should've Been/シングス・アイ・シュドゥヴ・ビーン
2.This Time Tomorrow/ディス・タイム・トゥモロウ
3.Never Say Die/ネヴァー・セイ・ダイ
4.Come Back/カム・バック
5.Song For Chaos/ソング・フォー・カオス


(Disc2):
1.Morning Coffee/モーニング・カフェ
2.Number One/ナンバー・ワン
3.Number Two/ナンバー・トゥ
4.Dawning/ドーニング
5.Got To Get Away/ゲット・トゥ・ゲット・アウェイ

bonus track(1972 single):
6.Hangin' On/ハンギン・オン
7.Funny Lines/ファニー・ラインズ

ページトップへ