カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FRUMPY/All Will Be Changed(フランピー登場) (1970/1st) (フランピィ/German)

国内のアルカンジェロから、71年のアルバム未収シングル両面2曲をボーナスで加えての、500枚限定ペーパースリーヴでのリシュー。特殊ビニール・カヴァー付見開き紙ジャケ仕様、21年新規リマスター盤。フランピィはハンブルク出身のグループで、アイルランド人のオブライエン・ドッカーやフランス人のジャン・ジャック・クラヴェッツが在籍していたフォーク・バンド、ザ・シティ・プリチャーズの元メンバー達が、元I.D.カンパニーのインガ・ランフと新たに結成したグループ。本作は、70年にドイツのフィリップスからリリ-スされたファースト・アルバムで、ライナーは小畑茂生、歌詞対訳付、邦題は「フランピー登場」。メンバーは、インガ、ジャン・ジャック・クラヴェッツ、カール・ハインツ・ショット、カースティン・ボーンの4人編成で、プロデュースはライナー・ゴルターマン。元フォーク・グループというキャリアからはかけ離れた、ヘヴィなブルージー&サイケ・サウンドを展開していて、ギターレス編成ながらインガのとても女性とは思えない粘っこくて下品なシャウト・ボーカルと、クラヴェッツのエマーソンばりのブイブイ系オルガンを堪能出来る。達者でグルーヴィなリズム隊も含め、全体に演奏が上手くてバンド感も満点、適度なキャッチーさとサイケなカオティックさのバランスもよく、ともかくも非常にカッコいい。「インディアン・ロープ・マン」のカヴァーもハマっていて、ハード&プログレ系愛好家ならまずもって楽しめるだろう文句なしの好盤と思う。オルガン・ハード系としても十分に成立する感じ。また、ボーナスのシングル2曲はライナー・バウマンのギター入りで、特に10曲目はハード・ロックとして非常にカッコいい佳曲。

アルカンジェロ盤/限定500枚プレス盤
(Blues Hard/Blues,Psyche,Progressive / Paper-Sleeve CD(2021 Re-master) / Arcangelo/Japan)

FRUMPY/All Will Be Changed(フランピー登場) (1970/1st) (フランピィ/German)

価格:

4,840円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

FRUMPY/All Will Be Changed(フランピー登場) (1970/1st) (フランピィ/German)

Inga Rumpf(vo,per)
Jean-Jacques Kravetz(org,p,mltrn,spnt,sax,per)
Karl-Heinz Schott(b,per)
Carsten Bohn(ds,per)
Rainer Baumann(g)bonus

Producerd by Rainer Goltermann


収録曲目
01.Life Without Pain/人生を楽しもう
02.Rosalie Part1/ロザリー・パート1
03.Otium/余暇
04.Rosalie Part2/ロザリー・パート2
05.Indian Rope Man/ロープに巻かれるインディアン
06.Morning/今朝
07.Floating Part1/フローティング・パート1
08.Baroque/美意識
09.Floating Part2/フローティング・パート2

bonus track(1971 single):
10.Roadriding/ロードライディング
11.Time Makes Wise/歳月は賢者なり

ページトップへ