カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FRUMPY/All Will Be Changed (1970/1st) (フランピィ/German)

ドイツのレパートリーから、71年のアルバム未収シングル両面2曲をボーナスで加えてのリシュー。音質はクリアで迫力もあってよい。フランピィは、60年代中頃にアイルランド人のオブライエン・ドッカーを中心にハンブルクで結成されたフォーク・バンド、ザ・シティ・プリチャーズの元メンバー達が、元I.D.カンパニーのインガ・ランフと結成したグループで、本作は70年にドイツのフィリップスからリリ-スされたファースト・アルバム。メンバーは、インガ・ランフ、ジャン・ジャックス・クラヴェッツ、カール・ハインツ・ショット、カースティン・ボーンの4人編成で、プロデュースはライナー・ゴルターマン。元フォーク・グループとううキャリアからはかけ離れた、ヘヴィなブルージー&サイケ・サウンドを展開していて、ギターレス編成ながらインガのとても女性とは思えない粘っこくて下品なシャウト・ボーカルと、クラヴェッツのエマーソンばりのブイブイ系オルガンを堪能出来る。達者でグルーヴィなリズム隊も含め、全体に演奏が上手くてバンド感も満点、適度なキャッチーさとサイケなカオティックさのバランスもよく、ともかくも非常にカッコいい。「インディアン・ロープ・マン」のカヴァーもハマっていて、オルガン・ハードとしても十分に成立しており、ブルース&ハード・ロック愛好家なら問題なく楽しめるだろう、プログレ色のあるブルージー・サイケ・ハード系文句なしの好盤と思う。また、ボーナスのシングル2曲はライナー・バウマンのギター入りで、特に10曲目はブルージー・ハードとして非常にカッコいい佳曲。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues Hard/Blues,Psyche,Progressive / Jewel-case CD(1991) / Repertoire/German)

FRUMPY/All Will Be Changed (1970/1st) (フランピィ/German)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

FRUMPY/All Will Be Changed (1970/1st) (フランピィ/German)

Inga Rumpf(vo,per)
Jean-Jacques Kravetz(org,p,mltrn,spnt,sax,per)
Karl-Heinz Schott(b,per)
Carsten Bohn(ds,per)
Rainer Baumann(g)bonus

Producerd by Rainer Goltermann


収録曲目
01.Life Without Pain
02.Rosalie Part1
03.Otium
04.Rosalie Part2
05.Indian Rope Man
06.Morning
07.Floating Part1
08.Baroque
09.Floating Part2

bonus track(1971 single):
10.Roadriding
11.Time Makes Wise

ページトップへ