カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN/Star Clocks(スター・クロックス) (2018/6th) (デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン/UK)

UKのブロークン・レコードからデジパックでのリリース。国内のディスク・ユニオンが輸入盤にオビ・解説を付けた国内流通盤。デイヴ・スチュワートはロンドン出身のキーボーティストで、アザッケル(ユリエル)、エッグ、カーン、ハットフィールド&ザ・ノース、ナショナル・ヘルス、ブルーフォード等々を渡り歩いた、カンタベリー・シーンのビッグ・ネームの1人。バーバラ・ガスキンはハードフォードシャー州ハットフィールド出身の女性シンガーで、確か現在はデイヴの奥さんでもあり、何よりスパイロジャイラやノーゼッツでの活動で知られていると思う。スチュワート&ガスキンは、デイヴとバーバラが81年に結成したデュオ・ユニットで、本作は09年の「グリーン&ブルー」から9年振りにリリースされたデュオ名義セクス・アルバム。メンバーは、デイヴとバーバラを軸に、ベレン・マシューズとゲヴィン・ハリソン(ex.キング・クリムゾン,ノー・マン,etc)の4人編成が基本で、曲によってアザッケル、エッグ時代の僚友モント・キャンベルのゲスト参加がある。4曲目のラヴィン・スプーンフルのカヴァー以外は全てオリジナル・ナンバーで、従来の『大人のエレ・ポップ』路線に大きな変化はないが、マシューズのギターが殊の外活躍していて、ある種のバンド感のようなものが感じられ、エレガントさが担保されたまま聴きやすさが増している印象。ハットフィールドやナショナル・ヘルスっぽいコードやコード進行が随所に鏤められていて、そのフワ〜っとしたコード感とオルタナ的鋭角さのギターやドラムのマッチング、対比の妙が面白く、バーバラのボーカルのハマりも上々。非常に上質で心地好い好盤と思う。

ディスク・ユニオン盤
(Progressive/Pop,Symphonic / Digi-Pack CD(2018) / Disk Union,Broken Records /Japan,UK)

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN/Star Clocks(スター・クロックス) (2018/6th) (デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン/UK)

価格:

3,024円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN/Star Clocks(スター・クロックス) (2018/6th) (デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン/UK)

Dave Stewart(kbd)
Barbara Gaskin(vo)
Beren Matthews(g)
Gavin Harrison(ds,per)
Mont Campbell(u-pipe)

Produced by Dave Stewart


収録曲目
1.Wings On Our Shoes/ウイングス・オン・アワ・シューズ
2.Ride The High Atlantic Wind/ライド・ザ・ハイ・アトランティック・ウインド
3.Drizzle Cloaks/ドリズル・クロークス
4.Summer In The City/サマー・イン・ザ・シティ
5.Heavy Heart/ヘヴィ・ハート
6.The Arms Of Miklosko/ジ・アーム・オブ・ミコロスコ
7.Everything Sings/エヴリシング・シングス
8.Afraid Of Clowns/アフレイド・オブ・クラウンズ
9.Time's Arrow/タイムズ・アロウ

ページトップへ