カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HARVEY MANDEL/Get Off In Chicago (1971/5th) (ハーヴェイ・マンデル/USA)

ドイツのライン・ミュージックから、18年リマスター&ペーパースリーヴでのリシュー。多分初CD化(CDR)。ハーヴェイ・マンデルはデトロイト生まれシカゴ出身のギタリストで、キャンド・ヒートやドン・シュガーケイン・ハリス、エリック・クラプトンやジェフ・ベック等が変名で参加した「フリー・クリーク」での演奏、ストーンズの「ブラック&ブルー」での客演などでも知られていると思う。本作は、71年にUSAオヴェーション・レコードやUKロンドン・レコードからリリースされたソロ名義フィフス・アルバムで、メンバーは、プロデュース兼任のマンデルを中心に、ジョン・ビショップ、ノーム・ワグナー、デイヴ・クック、ジュディ・ロバーツ、イーラ・カート、ドン・コーディ、ケン・リトル、フィル・ジョンソン、ボビー・デイヴィス、ラスティ・ジョーンズ等々が曲によって適時参加している。『マンデルが、16人のシカゴのミュージシャン達と都度のギグ、ジャム、インプロヴィゼイションを重ねて、3日3晩で制作した』旨のスリーヴの文言や、「シカゴで下車」のタイトルなどの通り、「地元シカゴ」をモチーフとした企画セッション的様相のアルバムと思われる。概ね、ブルース、R&B、ジャズ、ファンク、ロック、ポップス等々の要素が、曲毎にタイプ分けされてヴァリエーションとして配置されている感じで、それらをグッド・タイム・ミュージック的なテイストで纏めている印象。ある種のライトな洗練感があって、泥臭すぎずバタ臭すぎずで聴きやすく、全体に漂う50年代的空気感はレトロ感十分でわりと心地好い。マンデルの粘っこいスネイク・ギターも、全編で炸裂というわけではないが適時ハマっていて、けっこう楽しめる好盤と思う。

輸入盤
(Blues&Swamp/Blues,Funk,Psyche / Paper-Sleeve CDR(2018 Re-master) / Line Music GMBH/German)

HARVEY MANDEL/Get Off In Chicago (1971/5th) (ハーヴェイ・マンデル/USA)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

HARVEY MANDEL/Get Off In Chicago (1971/5th) (ハーヴェイ・マンデル/USA)

Harvey Mandel(g)
John Bishop(g)
G.E. Stinson(g)
Norm Wagner(g)
Dave Cook(p,org,fl)
Judy Roberts(p,org,vo)
Ira Kart(p,org)
Don Cody(b)
Ken Little(vo,b)
Craig Rasband(b)
Nick Tountas(b)
Phil Johnson(ds)
Bobby Davis(ds)
Peter Milio(ds)
Rusty Jones(ds)
Freddie Fox(vo)
Vicki Hubly(vo)

Produced by Harvey Mandel


収録曲目
1.Jellyroll
2.High-Test Fish Line
3.Local Days
4.Check Me Out
5.Highway Blues
6.I'm A Lonely Man
7.Sweet Lynda
8.Springfield Station Theme
9.Race Track Daddy

ページトップへ