カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

THREE MAN ARMY/Two (1974/3rd) (スリー・マン・アーミー/UK)

ドイツのGTRからのリシュー。スリー・マン・アーミーは、元ガンのエイドリアン(バディ・マイルス・バンド経由)とポール(パリッシュ&ガーヴィッツ経由)のガーヴィッツ兄弟が、元スプーキー・トゥースのマイク・ケリーと71年に新たに結成したグループで、上記以外にもベイカー・ガーヴィッツ・アーミー、グレアム・エッジ・バンド、メイ・ブリッツ、ボクサー等々の関連バンドがある。本作は、74年にUKリプライズからリリースされたサード・アルバムで、何故サードなのに「トゥー」かというと、71年にファーストをリリース後、73年にケリーがスプーキーに出戻ったため一旦解散するが、すぐに元ジェフ・ベック・グループ、メイ・ブリッツのトニー・ニューマンが加入して再始動し、73年にリリースしたセカンド・アルバムを新たなトリオのファースト・アルバムと位置づけて「セイム・タイトル」とし、本作は新トリオの2作目という見立てらしい。メンバーは、ガーヴィッツ兄弟とニューマンのトリオ編成で、曲によってピート・ロビンソンがゲスト参加している。ハードだがキャッチーなリフと、テンションの高い勢いのある演奏が素直にカッコいい、ブリティッシュ・ハードの文句なしの好盤であり、ニューマンの疾走ドラムを得て、ガーヴィッツ兄弟もドライヴしまくっている。特にエイドリアンの弾きまくり感はかなり圧巻で、トリオが一体となって炸裂&疾走する様は非常に壮快で、聴きやすさと勢いのよさでは全3作中1番だろう。この後、ニューマンがデヴィッド・ボウイのバック・バンドに引き抜かれて脱退しグループは再び解散、ニューマンはボウイのバック・バンドの後、マイク・パトゥーやオリー・ハルソール等と共にボクサーを結成。ガーヴィッツ兄弟はジンジャー・ベイカーとベイカー・ガーヴィッツ・アーミー結成すると同時に、グレアム・エッジと共にグレアム・エッジ・バンドでも活動する。えらいカッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues Hard/Heavy Blues,Psyche,Pops / Jewel-case CD(1993) / GTR/German)

THREE MAN ARMY/Two (1974/3rd) (スリー・マン・アーミー/UK)

価格:

2,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

THREE MAN ARMY/Two (1974/3rd) (スリー・マン・アーミー/UK)

Adrian Gurvitz(vo,g)
Paul Gurvitz(b,vo)
Tony Newman(ds)
Pete Robinson(kbd)

Producerd by Three Man Army


収録曲目
1.Polecat Woman
2.Today
3.Flying
4.Space Is The Place
5.Irwing
6.I Can't Make The Blind
7.Burning Angel
8.In My Eyes

ページトップへ