カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PAUL KOSSOFF/Live At Croydon Fairfield Halls 15/6/75(Used CD) (1975/Live) (ポール・コゾフ/UK)

(中古/USED CD):98年のUKイーグル・レコード盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=S / DISC=S 未開封新古品

ポール・コゾフはロンドン出身のギタリストで、ブラック・キャット・ボーンズを経てフリー、バック・ストリート・クロウラー(BSC)での活動で知られるビッグ・ネーム。チョーキング・ヴィブラートを多用する、粘っこい泣きのギター・スタイルを確立したが、ドラッグ禍で76年に25歳の若さで夭折した。本作は、ポール・コゾフ名義でのリリースだが、タイトル通り75年6月15日にロンドンのクロイドン・フェアフィールド・ホールで行われた、BSCの発掘ライヴ音源を収録したもの。メンバーは、コゾフ、テリー・ウィルソン・スレッサー(ex.ベケット)、マイク・モンゴメリー、テリー・ウィルソン、トニー・ブラウナジェルの5人編成。ファースト「ザ・バンド・プレイズ・オン」リリース時で、ほぼそのファーストからのナンバーが中心だが、熱の入った渋くて重厚な演奏を展開しており、ブルージー&ジャジーな雰囲気のよい演奏を堪能出来る。アレンジは概ねスタジオ盤に準じているが、全体にライヴならではの臨場感のある空気が流れていて、一発で曲想が決まるコゾフのギターは勿論、ウィルソン・スレッサーの枯れたボーカルや、ツボを押さえたピアノ&オルガン、堅実でノリのよいリズム隊も上々で、ブリティッシュ的な枯れた情感やくぐもり感も申し分ない。コゾフにはフリー時代からドラッグ禍がつきまとっていたが、フリー以後では最も状態がよかった時期の演奏で、ともかくも素直にカッコいい好ライヴ盤。EUプレス盤

輸入盤
(Blues&Swamp/Blues,Hard / Jewel-case CD(1998) / Eagle Records/UK,EU)

PAUL KOSSOFF/Live At Croydon Fairfield Halls 15/6/75(Used CD) (1975/Live) (ポール・コゾフ/UK)

価格:

1,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

PAUL KOSSOFF/Live At Croydon Fairfield Halls 15/6/75 (1975/Live) (ポール・コゾフ/UK)

Paul Kossoff(g)
Terry Wilson-Slesser(vo)
Mike Montgomery(kbd,vo)
Terry Wilson(b)
Tony Braunagel(ds)

Produced by Unknown


収録曲目
01.The Band Plays On
02.Sidekick To The Stars
03.It's A Long Way Down To The Top
04.New York New York
05.Train Song
06.Survivor
07.Stealing My Way
08.All The Girls Are Crazy
09.Jason Blue
10.Rock'n'Roll Junkie
11.Molten Gold

ページトップへ