カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

KEVIN AYERS/Joy Of A Toy(おもちゃの歓び)(Used CD) (1969/1st) (ケヴィン・エアーズ/UK)

(中古/USED CD):03年のUK・EMI盤/輸入盤(TESオビ・解説付)・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A-(スリ傷少、再生に影響なし)

ケヴィン・エアーズはケント州ハーンベイ出身のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、小学生時代を過ごしたマレーシアから帰国後、高校中退と放浪を経てカンタベリーのレディー・ジェーンの下宿を拠点とし、ソフト・マシーンを経て自身のバンドのホール・ワールド等を結成、カンタベリー人脈の大きな柱の1人となった。本作は、ソフツ脱退後の69年にUKハーヴェストからリリースされたソロ名義ファースト・アルバムで、03年新規リマスター音源、CCCP盤、未発表3曲やアルバム未収シングル2曲を含む計6曲をボーナス収録。TESオビ・解説付で。邦題は「おもちゃの歓び」。クレジット・メンバーは、エアーズを中心に、ソフツのロバート・ワイアット、マイク・ラトリッジ、ヒュー・ホッパーの他、この後ザ・ホール・ワールドのメンバーとなるロル・コックスヒル、デヴィッド・ベッドフォードや、ロブ・テイト等々が参加、プロデュースはピーター・ジェナー。何よりもまず、ボーナス1曲目の「レリージョス・エクスペリエンス」は、噂に聞く「シング・ア・ソング・イン・ザ・モーニング」のシド・バレット入りヴァージョンであり、このボーナス収録は素直にうれしい。参加メンバーからして、ソフツの残滓が感じられるのはある意味当然とも思うが、牧歌的でゆるく明るくて暗い、エアーズ的ソング・ライティングの萌芽が随所に鏤められた、独特の雰囲気のストレンジ・ポップ・プログレを展開。この変テコな脱力系のゆるさが、ソフツ的サイケ感と妙なマッチングを見せていて、煮え切らないポップネスとカンタベリー的浮遊感に収束。ともかくも、何とも心地好くハマるとクセになる好盤。

輸入盤
(Progressive/Psyche,Canterbury,Pops / Jewel-case CD(2003 Re-master) / EMI/UK)

KEVIN AYERS/Joy Of A Toy(おもちゃの歓び)(Used CD) (1969/1st) (ケヴィン・エアーズ/UK)

価格:

1,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

KEVIN AYERS/Joy Of A Toy(おもちゃの歓び) (1969/1st) (ケヴィン・エアーズ/UK)

Kevin Ayers(vo,g,b,kbd,etc)
David Bedford(kbd)
Mike Ratledge(kbd)
Hugh Hopper(b)
Robert Wyatt(ds)
Rob Tait(ds)
Syd Barrett(vo)bns
Produced by Peter Jenner


収録曲目
01.Joy Of A Toy Continued/続・おもちゃの歓び
02.Town Feeling/タウン・フィーリング
03.The Clarietta Rag/ザ・クラリエッタ・ラグ
04.Girl On A Swing/ガール・オン・ア・スウィング
05.Song For Insane Times/ソング・フォー・インザン・タイムス
06.Stop This Train/汽車を止めろ
07.Eleanor's Cake/エレノアの食べたケーキ
08.Lady Rachael/ザ・レディ・レイチェル
09.Oleh Oleh Bandu Bandong/オレ・オレ・バンドゥ・バンドン
10.All This Crazy Gift Of Time/オール・ディス・クレイジー・ギフト・オブ・タイム

bonus track:
11.Religious Experience/レリージョス・エクスペリエンス (take9)
12.The Lady Rachel/ザ・レディ・レイチェル (1st mix)
13.Soon Soon Soon/スーン・スーン・スーン (unreleased)
14.Religious Experience/レリージョス・エクスペリエンス (take103)
15.The Lady Rachel/ザ・レディ・レイチェル (single)
16.Sing A Song In The Morning/シンギング・ア・ソング・イン・ザ・モーニング (single)

ページトップへ