カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

JPT SCARE BAND/Acid Blues Is The Whiteman's Burden(アシッド・ブルース・イズ〜)(Used CD) (2010) (JPTスケア・バンド/USA)

(中古/USED CD):14年の日本オクターヴ盤/国内流通盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A- (スリ傷少、再生に影響なし)

JPTスケア・バンドは、ミズーリ州のカンザス・シティを拠点としたグループで、70年代前半の結成以降ローカル・バンドとして断続的に活動を続けている。本作は、74年〜04年におけるレコーディング・マテリアルをコンパイルしたアルバムで、04年が2曲、01年が3曲、75年と74年が1曲づつの計7曲が収録されており、全て初出音源。デジパック仕様で、10年のUSAリップル・ミュージック盤に、国内のオクターヴがオビを付けた国内流通盤(解説は最初から付いていない)。メンバーは、テリー・スウォープ、ポール・グリグスビー、ジェフ・リットレルのトリオ編成だが、1曲でキーボードと女性コーラスのゲスト参加がある。下品なファズ・ギター、野太いドライヴ・ベース、ドカスカで重いドラムが爆発する、わりと典型的なブルージー・ハードを展開しており、インプロでガンガン盛り上がるサイケかつヘヴィな演奏は素直にカッコいい。70年代の音源は勿論、00年代とはとても思えないオールド・ファッションなサイケ感が充満しており、「スリーピング・シックネス」に収録されていた5曲目のリメイクも含め、この手としてはおよそ文句なしのギラギラ&ゴリゴリ感満点。ブルース基調のシンプルな楽曲と、勢いとノリのよい演奏のマッチングが上々で、不良の香りやアシッド感も申し分ない。センスはB級だが演奏は十分に上手く、サイケ&ハード・ロック愛好家なら文句なしに楽しめるだろう好盤。尚、蛇足だがJPTは3人のファースト・ネームの頭文字を並べたもの。カッコよし!。

オクターヴ盤
(Blues Hard/Heavy Blues,Psyche / Digi-Pack CD(2014/2010) / Octave,Ripple Music/Japan,USA)

JPT SCARE BAND/Acid Blues Is The Whiteman's Burden(アシッド・ブルース・イズ〜)(Used CD) (2010) (JPTスケア・バンド/USA)

価格:

1,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

JPT SCARE BAND/Acid Blues Is The Whiteman's Burden(アシッド・ブルース・イズ〜)(Used CD) (2010) (JPTスケア・バンド/USA)

Terry Swope(g,vo)
Paul Grigsby(b,vo)
Jeff Littrell(ds,kbd)
Beki Nixon(vo)
Jessica Benitone(vo)
Sidener Benitone(vo)

Producerd by JPT Scare Band


収録曲目
1.Long Day
2.Not My Fault
3.Death Letter 2001
4.Stone House Blues
5.I've Been Waiting
6.Acid Blues Is The Whiteman's Burden
7.Amy's Blue Day

ページトップへ