カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

IVANO ALBERTO FOSSATI/Il Grande Mare Che Avremmo Traversato(Used CD) (1973/1st) (イヴァノ・アルベルト・フォッサティ/Italy)

(中古/USED CD):89年のイタリア・フォニット・チェトラ盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- (部分的に薄い汚れ) / DISC=A- (スリ傷有、再生に影響なし)

イヴァノ・アルベルト・フォッサティはジェノヴァ出身のシンガー・ソング・ライター/カンタウトーレで、日本のプログレ系リスナーにはデリリウムでの活動で知られているかも知れない。デリリウム脱退後の73年以降、数十枚のソロ・アルバムをリリースしながら現在も活動を続けており、イタリア本国ではカンタウトーレのビッグ・ネームの1人。本作は、73年にイタリアのフォニット・チェトラからリリースされたファースト・アルバムで、デリリウム脱退後のソロ第1弾。おそらく初CD化盤。メンバーは、フォッサティを中心に、マウロ・チュロッタ、アンドレア・サッキ、ベッペ・モラスキ、ロマノ・ファリナッティ、ピッポ・コルッチ、ルイジ・カッペロット等々が曲によって適時バックを担当。フォッサティの相変わらず枯れた感じのボーカル&フルート、乾いた音のアコースティック・ギターやジャジーなエレピ、ヴィブラフォン、エレキ・ギターの他、時折、ファリナッティの手によるシブいブラス&ストリングスやコントラバスも入る。全体に、メロディアスなカンタウトーレ的パートと、少々のラテン風味もあるジャズ・ロック的パートが交叉する、ジャジーで落ち着いた雰囲気のサウンドで、スリーヴのイメージ通りの黄昏れた郷愁感が非常に味わい深い。独特の淡い情感と枯れ具合が絶妙というか、この地中海の夕暮れ的な乾いたくぐもり感はともかくも心地好く、儚くも美しいかなりの好盤と思う。素晴らしい!。

輸入盤
(Progressive/Cantautore,Jazz Rock / Jewel-case CD(1989) / Fonit Cetra/Italy)

IVANO ALBERTO FOSSATI/Il Grande Mare Che Avremmo Traversato(Used CD) (1973/1st) (イヴァノ・アルベルト・フォッサティ/Italy)

価格:

1,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

IVANO ALBERTO FOSSATI/Il Grande Mare Che Avremmo Traversato(Used CD) (1973/1st) (イヴァノ・アルベルト・フォッサティ/Italy)

Ivano Alberto Fossati(vo,fl,g)
Mauro Culotta(g)
Andrea Sacchi(g)
Beppe Moraschi(el-p,p)
Romano Farinatti(el-p,p,orcestra)
Pippo Colucci(vln)
Amleto Zonca(vib,mrba)
Luigi Cappellotto(b)
Claudio Farinatti(ds)
Giorgio Azzolini(cont-b)
Marco Ratti(cont-b)

Producerd by Unknown


収録曲目
01.Il Grande Mare Che Avremmo Traversato Parte Prima
02.Jangada
03.All'ultimo Amico
04.Canto Nuovo
05.Il Pozzo E Il Pendolo
06.Vento Caldo
07.Da Recife A Fortaleza
08.La Realta E Il Resto
09.Riflession In Un Giorno Di Luce Nera
10.Il Grande Mare Che Avremmo Traversato Parte Seconda E Finale

ページトップへ