カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FUSION ORCHESTRA/Skeleton In Armour(スケルトン・イン・アーマー)(Used CD) (1973/only) (フュージョン・オーケストラ/UK)

(中古/USED CD):93年の日本・東芝EMI盤/国内盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A

フュージョン・オーケストラは、スタン・ランドとデイヴ・ベルが中心となって69年にロンドンで結成されたグループで、本作は73年にUKのEMIからリリースされた唯一のアルバム。93年の伊藤政則コレクション・シリーズの国内初盤。メンバーは、ランド、ベル、ジル・サワード、コリン・ドーソン、デイヴ・カーウェルの5人編成で、プロデュースはジェフ・ジャレット。紅一点ジル・サワードのパワフルなシャウト・ボーカルと下品なフルート&各種キーボードを中心に、せっかちなリフのユニゾンが多いツイン・ギター、バタバタしてるがノリのよいリズム隊が一体となってグイグイ押してくる、いわゆる畳み掛ける展開のB級女性ボーカル・プログレ・ハード。ジル以外は特段に上手いというわけではなく、概ね上等なジルに比べて少し甘いところもあるが、水準は十分にクリアしていて本人達は楽しそうに勢いよく演奏している。スピーディな展開を少しテンパリながらも何とか熟そうとする演奏態度には好感が持て、その目一杯さも含めわりと素直にカッコよかったりする。ブルージーなフレーズを基本に、クラシカルなプログレ・リフや展開が随所に鏤められていて、プログレ的楽曲・アレンジとハード・ロック・マナーの演奏がよいマッチングを見せている。全体にプロデュースのしっかりしたスカっと気持ちのよいサウンドで、ブリティッシュ・ハード&プログレ愛好家なら問題なく楽しめるだろう好盤。この後ジルは、元CMUのロジャー・オデルと共にシャカタクを結成、70年代後半に大ヒットを飛ばすことになる。

国内盤
(Psyche Hard/Progressive,Blues / Jewel-case CD(1993) / Toshiba-EMI/Japan)

FUSION ORCHESTRA/Skeleton In Armour(スケルトン・イン・アーマー)(Used CD) (1973/only) (フュージョン・オーケストラ/UK)

価格:

1,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

FUSION ORCHESTRA/Skeleton In Armour(スケルトン・イン・アーマー)(Used CD) (1973/only) (フュージョン・オーケストラ/UK)

Jill Saward(vo,fl,kbd)
Colin Dawson(g)
Stan Land(g,kbd,hca)
Dave Cowell(b)
Dave Bell(ds)

Produced by Jeff Jarrett


収録曲目
1.Fanfairy Suite For 1000 Trampits Part 1
/ファンフェアリー・スイート・フォー・1000トランピッツ・パート1
2.Sonata In 'Z'/Zのソナタ
3.Have I Left The Gas On?/ガスはつけっぱなし?
4.O.K. Boy Now's Our Big Chance/今がビッグ・チャンス
5.Skeleton In Armour/スケルトン・イン・アーマー
6.When My Mama's Not At Home/ママが家にいない時
7.Don't Be Silly Jilly/ドント・ビー・シリー・ジリー
8.Talk To The Man In The Sky/トーク・トゥ・ザ・マン・イン・ザ・スカイ
9.Fanfairy Suite For 1000 Trampits Part 2
/ファンフェアリー・スイート・フォー・1000トランピッツ・パート2

ページトップへ