カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

THE ELECTRIC PRUNES/Mass In F Minor(Used CD) (1968/3rd) (ザ・エレクトリック・プルーンズ/USA)

(中古/USED CD):90年のドイツ・ライン・レコード盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A- / DISC=A-(スリ傷少、再生に影響なし)

ザ・エレクトリック・プルーンズはカリフォルニア州ロサンジェルス出身のグループで、ジェームズ・ロウ、ケン・ウィリアムス、マイク・トゥリン、マイケル・クィント・ウィークリーが在籍していたサーフ・ロック系ガレージ・バンドのサンクションズを母体として、ほぼ同じメンバーのまま名前を変える形で65年に結成されている。本作は、68年にUSAリプリーズからリリースされたサード・アルバムで、映画「イージー・ライダー」で使われた「キリエ・エレイソン」収録の著名作品。『クラシック風のミサ曲をロック・バンドで演奏する』というレコード会社企画で、デヴィッド・アクセルロッドの作曲&アレンジ、デイヴ・ハッシンガーのプロデュースの下で制作された。メンバーは、ロウ、ウィリアムス、トゥリン、クィント、マイク・ギャノンの5人編成が基本ということだが、多くの、またはほぼ全部の曲をザ・コレクターズ(アクセルロッドがプロデュースしていたカナダのガレージ・バンド)が覆面バンドとして演奏しているという実情らしい。そのコレクターズのメンバーに関しても複数の情報が錯綜していて、実際のところはよく判らない。確かに前2作とは明らかに趣が異なっていて、パンキッシュなガレージ色やサイケな実験色は薄く、別のバンドの演奏という印象だが、重厚な楽曲とチープなオルガンやギターがミスマッチ的に同居する、このクラシックとサイケの中途半端な折衷具合はけっこう面白い。まだガレージ全盛の67〜68年期としては、初期ピンク・フロイドやソフト・マシーンと同時代のプログレへの萌芽的要素も感じられ、結果として、これはこれで楽しめるサウンド。

輸入盤
(Psyche/Classic,Progressive / Jewel-case CD(1990) / Line Records/German)

THE ELECTRIC PRUNES/Mass In F Minor(Used CD) (1968/3rd) (ザ・エレクトリック・プルーンズ/USA)

価格:

1,180円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

THE ELECTRIC PRUNES/Mass In F Minor(Used CD) (1968/3rd) (ザ・エレクトリック・プルーンズ/USA)

James Lowe(vo)
Ken Williams(g)
Mike Gannon(g)
Mark Tulin(b)
Michael Quint Weakley(ds)
Richie Podolor(g)
The Collectors
Composed & Arranged by David Axelrod

Produced by Dave Hassinger


収録曲目
1.Kyrie Eleison
2.Gloria
3.Credo
4.Sanctus
5.Benedictus
6.Agnus Dei

ページトップへ