カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DEEP PURPLE/Same(Used CD) (1969/3rd) (ディープ・パープル/UK)

(中古/USED CD):00年のUK・EMI盤/輸入盤・廃盤
(状態/CONDITION):SLEEVE=A / DISC=A わりと美品

ディープ・パープルは、今更解説不要のビッグ・ネームだが、元サーチャーズのクリス・カーティスが67年に企画したラウンドアバウトというバンドを母体として、カーティスの逐電後、残ったジョン・ロードとリッチー・ブラックモアを中心に、2人のマネージャー&スポンサー(トニー・エドワーズとジョン・コレッタ)がオーディションを繰り返してメンバーを集めて立て直し、68年3月にマネージメント・プロダクション設立と同時に名前をディープ・パープルに改めた。本作は、69年にUKハーヴェスト/USAテトラグラマトンからリリースされたサード・アルバムで、ザ・オリジナル・ディープ・パープル・コレクション・シリーズ、00年新規リマスター盤、アルバム未収シングル、BBCセッション等5曲をボーナス収録。オリジナル・スリーヴはブックレット裏側にプリントされている。メンバーは、ファーストから不変のロッド・エヴァンス、リッチー・ブラックモア、ジョン・ロード、ニック・シンパー、イアン・ペイスの5人編成で、曲によってロードの手によるオーケストラが入る。プロデュースもデレク・ローレンス。概ね前作の延長線上にある、プログレとハード・ロックをサイケで括った独特のサウンドを展開していて、「イン・ロック」以降のイメージで接すると相変わらずスカされる。リッチー、ロード、ペイスリフやフレーズに、特にリッチーには「イン・ロック」以降の萌芽を見出すことも可能だが、そのような視点よりも別の方向性のバンドとして捉えると、この時期のパープルの面白さが聴こえてくるかも知れない。「チェイシング・シャドウ」、「ペインター」、「バード・ハズ・フローウン」等々などは素直にカッコよく、「ブラインド」や「エイプリル」辺りはほとんどプログレとして秀逸な出来のよさという印象。煮え切らないサイケ感が面白い味わいを生んでいる好盤と思う。EUプレス盤

輸入盤
(Psyche Hard/Psyche,Progressive,Blues / Jewel-case CD(2000 Re-master) / EMI/UK,EU)

DEEP PURPLE/Same(Used CD) (1969/3rd) (ディープ・パープル/UK)

価格:

1,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

DEEP PURPLE/Same(Used CD) (1969/3rd) (ディープ・パープル/UK) DEEP PURPLE/Same(Used CD) (1969/3rd) (ディープ・パープル/UK)

Rod Evans(vo)
Ritchie Blackmore(g)
Jon Lord(org,vo)
Nic Simper(b,vo)
Ian Paice(ds)

String And Woodwind Section Arranged by Jon Lord

Produced by Derek Lawrence


収録曲目
01.Chasing Shadows
02.Blind
03.Lalena
04.Fault Line
05.Painter
06.Why Didn't Rosemary?
07.Bird Has Flown
08.April

bonus track(1969):
09.Bird Has Flown (Single A-Side Version)
10.Emmaretta (Single B-Side Version)
11.Emmaretta (BBC Session)
12.Lalena (BBC Session)
13.Painter (BBC Session)

ページトップへ