カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

STEVE HACKETT/Voyage Of The Acolyte (1975/1st) (スティーヴ・ハケット/UK)

UKのEMI/ヴァージンから、75年の未発表ライヴ音源1曲(9曲目)と別バージョン1曲(10曲目)の、計2曲をボーナスで加えての、05年新規リマスターでのリシュー。スリップ・ケース付で、ここではそのスリップ・ケースを載せた。スティーヴ・ハケットはロンドン出身のギタリストで、何よりジェネシスでの活動で知られていると思う。ブルース系のギタリストとしてキャリアをスタートさせ、若干のセッション活動の後クワイエット・ワールドに加入、その後ジェネシスを経てソロに転向し、現在はプログレ系のビッグ・ネームの1人。本作は、75年にUKカリスマからリリースされたファースト・ソロ・アルバムで、この時はまだジェネシス在籍中。ハケットを中心に、ジェネシスの僚友マイク・ラザフォード、フィル・コリンズの他、カンサスのスティーヴ・ウォルシュ、ブランドXのパーシー・ジョーンズ、クォーターマス、ハード・スタッフ等々のジョン・ガスタフソン、弟のジョン・ハケット、ジョン・アコック、サリー・オールドフィールド等々、錚々たるメンバーが曲によって参加。邦題は確か「侍祭の旅」で、「エイス・オブ・ワンズ」や「ザ・ラヴァーズ」といった曲名からも想像出来る通りの、タロット・カードをモチーフにしたコンセプト・アルバム。今まで多くのレビューで云われて来たように、ジェネシス以上にジェネシスらしいリリカルさと、炸裂するバカテク変拍子パートが見事にマッチングしたシンフォニック・プログレの好盤。ただそれは、日本のプログレ愛好家が期待するジェネシスらしさということに他ならなず、同時期のガブリエルはもっと別の次元を向いていたということかも知れない。ともかくも、シンフォニック・プログレの金字塔的1枚。

輸入盤/デッドストック入荷
(Progressive/Symphonic / Jewel-case CD(2005 Re-master) / EMI,Virgin/UK,EU)

STEVE HACKETT/Voyage Of The Acolyte (1975/1st) (スティーヴ・ハケット/UK)

価格:

1,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

STEVE HACKETT/Voyage Of The Acolyte (1975/1st) (スティーヴ・ハケット/UK)

Steve Hackett(g,vo,kbd)
John Hackett(fl,syn,bells)
John Acock(kbd)
Robin Miller(oboe)
Mike Rutherford(b,g)
Phil Collins(ds,per)
Sally Oldfield(vo)
Steve Walsh(vo)
Percy Jones(b)
John Gustafson(b)
Nigel W-Green(cello)

Producerd by Steve Hackett & John Acock


収録曲目
01.Ace Of Wands
02.Hands Of The Priestess Part 1
03.A Tower Struck Down
04.Hands Of The Priestess Part 2
05.The Hermit
06.Star Of Sirius
07.The Lovers
08.Shadow Of The Hierophant

bonus track:
09.Ace Of Wands (live at The Theatre Royal Drury Lane 1975)
10.Shadow Of The Hierophant (extended playout version)

ページトップへ