カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ASTURIAS/Missing Piece Of My Life(欠落) (2015/7th) (アストゥーリアス/Japan)

大山曜本人のレーベルである、国内のアストゥーリアス・レーベルからのリリース。大山曜は東京都出身のマルチプレイヤー兼コンポーザーで、85年に新月の津田治彦主宰のフォノジェニック・スタジオでスタジオ・ミュージシャンとして活動を始め、88年にソロ・プロジェクトのアストゥーリアスを始動し、マイク・オールドフィールド的プログレとして一定の支持を得た。90年代中盤以降は主にゲーム音楽等の仕事でアストゥーリアスは休止状態だったが、04年に「バード・アイ・ビュー」をリリースして復活し、以後は従来の1人多重録音スタイルのアストゥーリアス、室内楽的編成のアコースティック・アストゥーリアス(アコアス)、バンド編成のエレクトリック・アストゥーリアス(エレアス)の3つのタイプを使い分けて活動している。本作は、15年にリリースされたアストゥーリアス名義セヴンス・アルバムで、アストゥーリアスとしては08年の「樹霊」以来7年振りの作品。メンバーは、アコースティック・ギター、エレキ・ギター、ベース、マンドリン、グロッケンシュピール、キーボード、プログラミング等々の大山曜を核に、川越好博、テイ・セナ、平田聡、田辺清貴、筒井香織のエレアス&アコアスの4人の他、上野洋子(ex.ザバダック,アスタリスク,etc)、中島オバヲ、星衛などが参加している。大山のプログラミングと1人多重音源をベースに、ヴァイオリン、クラリネット、リコーダー、ドラム、パーカス、女性コーラス等を適時配置したヘヴィ・シンフォニック・プログレ・インストを展開しており、いわゆる初期マイク・オールドフィールド・タイプ。ダイナミズムの効いた濃密な構築感があり、わりと絵に描いたようなシンフォニック・プログレ然としたサウンド。メロディアスかつテクニカルな重厚さ十分で、この畳み掛ける感じは日本のプログレ愛好家好きする1枚といった印象。

アストゥーリアス盤
(Progressive/Heavy Symphonic,Fusion / Jewel-case CD(2015) / Asturias/Japan)

ASTURIAS/Missing Piece Of My Life(欠落) (2015/7th) (アストゥーリアス/Japan)

価格:

3,024円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ASTURIAS/Missing Piece Of My Life(欠落) (2015/7th) (アストゥーリアス/Japan)

大山曜(ac-g,el-g,b,mdln,kbd,harp,per,etc)
平田聡(g)
テイセナ(vln)
川越好博(p)
田辺清貴(ds)
筒井香織(clnt,rcdr)
上野洋子(vo)
中島オバヲ(per)
星衛(cello)

Producerd by 大山曜


収録曲目
"Missing Piece Of My Life/欠落":
Part1:
I.beginnings/起源
II.departure/門出
III.sign/道標
IV.journey/旅路
V.lost/喪失

Part2:
VI.alone/孤独
VII.rebirth/再生
VIII.wanderring/彷徨
IX.missing piece/失われた断片
X.resolution/決意

ページトップへ