カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SHANTI/Same (1971/only) (シャンティ/USA,India)

USAのリアル・ゴーン・ミュージックからのリシュー。シャンティは、インドから移住してきたアシシュ・カーンとザキール・フセイン(ex.シャクティ,ラヴィ・シャンカール,etc)が、元トラヴェル・エージェンシーのスティーヴ・ハエル、フランク・ルピカ等とサン・フランシスコで結成したグループで、本作は71年にUSAアトランティックからリリースされた唯一のアルバム。メンバーは、アシシュ・カーン、ザキール・フセイン、ニール・ザイデル、スティーヴ・ハエル、スティーヴ・リーチ、フランク・ルピカの6人編成が基本で、曲によってプラネシュ・カーンのアシスト参加がある。プロデュースはリチャード・ボック。概ね、インディック・ラーガを基調としたサイケ・ジャズ・ロック的サウンドを展開しており、曲によってはアシッド・フォーク・ロック的要素もあるが、概ねインプロで盛り上がるジャズ・ロック調の演奏が主体。リーチとルピカの疾走リズム隊の上で、アシシュのサロード、ザイデルとハエルのギター、ザキールとプラネシュのタブラ&ナールの掛け合いやソロが炸裂する様は圧巻で、ともかくも非常に心地好い。サロードとタブラのインディックでスモーキーな響きが、ブルージー&ジャジーなエレキ・ギターやリズム隊と非常によいマッチングを見せていて、全員演奏も文句なしに上手く、プカプカ&フワフワのサイケ的雰囲気も満点。この、全体に漂うゆるいルーラルなサイケ感は、超絶バカテク系のジョン・マクラフリンのシャクティ辺りとは別系統というか、趣を異にする正しくサイケなカッコよさを放つ。インディックなサイケ感と、ジャズ・ロック的バカテク演奏を同時に楽しめる好盤で、インド色のあるサイケ愛好家ならまずもって楽しめるだろう。カッコよし!。

輸入盤
(Psyche/Indic,Jazz Rock,Blues / Jewel-case CD(2015) / Real Gone Music/USA)

SHANTI/Same (1971/only) (シャンティ/USA,India)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

SHANTI/Same (1971/only) (シャンティ/USA,India)

Neil Seidel(g)
Steve Haehl(g,vo)
Ashish Khan(sarod)
Zakir Hussain(tabla,dholak,naal)
Steve Leach(vo,b)
Frank Lupica(ds)
Pranesh Khan(tabla,naal)

Produced by Richard Bock


収録曲目
1.We Want To Be Free
2.Innocence
3.Out Of Nowhere
4.Lord I'm Comin' Round
5.Good Inside
6.Shanti
7.I Do Believe

ページトップへ