カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

THIRD EAR BAND/Abelard And Heloise(アベラール&エロイーズ) (1970/Unreleased) (サード・イアー・バンド/UK)

UKのヴォイスプリントからのリシュー。97年イタリアのソニック・ブック盤「ネクロマンサーズ・オブ・ザ・ドリフティング・ウエスト(本+CD)」のCD、01年UKムーンクレスト盤「アベラール&エロイーズ」と同内容だが、15年のUKゴンゾ盤「ネクロマンサーズ・オブ〜」は全く内容が異なるので留意されたい。本作は、70年7月にミュンヘン・テレビのアニメーション映画「アベラール&エロイーズ」のサウンドトラックとして制作された音源で、メンバーはセカンド「天地火水」と同じ、グレン・スウィニー、ポール・ミンス、リチャード・コフ、ウルスラ・スミスの4人編成。「アベラール&エロイーズ」は、11〜12世紀のフランス人スコラ哲学者・神学者だったピエール・アベラールと、アベラールが家庭教師をした美しい尼僧エロイーズ・フーベルトとの、悲劇的な恋の物語で、エロイーズの父親は2人を引き裂こうとするが、2人は最後までお互いに想い続けようとするというようなストーリーだったと思う。キリスト教の浸透によって『個人』が成立し、女性が未婚の母となっても自分の意思を貫こうとするなど、それまでにはなかった対等な男女人格間での恋愛が描かれているとされる画期的な物語。ストリングスが不協和音のドローンを多用し、リズムがあまり目立たないパートが多く、「パート1」後半部や「パート4」のような動きのあるパートには古楽的なトラッドの香りが、「パート1」前半部や「パート6」などのドローン・パートには古楽的な現代音楽の香りが漂う。その意味では古楽然とした呪術的雰囲気が強く、中世的な暗さと無気味さの中にほんのりと感じられる格調の高さが、古楽とも現代音楽ともつかない微妙で繊細な印象を醸し出している。セカンド程聴きやすくはないかも知れないが、雰囲気十分で非常に演奏性も高い好盤。TESオビ・解説/人脈図付

輸入盤
(Psyche/Experimental,Drone,Progressive /Jewel-case CD(2014) / Voiceprint/UK)

THIRD EAR BAND/Abelard And Heloise(アベラール&エロイーズ) (1970/Unreleased) (サード・イアー・バンド/UK)

価格:

2,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

THIRD EAR BAND/Abelard And Heloise(アベラール&エロイーズ) (1970/Unreleased) (サード・イアー・バンド/UK)

Glen Sweeney(per)
Paul Minns(oboe)
Richard Coff(vln,vla)
Ursula Smith(cello)

Producerd by Unknown


収録曲目
1.Abelard And Heloise Part 1/アベラール&エロイーズ・パート1
2.Abelard And Heloise Part 2/アベラール&エロイーズ・パート2
3.Abelard And Heloise Part 3/アベラール&エロイーズ・パート3
4.Abelard And Heloise Part 4/アベラール&エロイーズ・パート4
5.Abelard And Heloise Part 5/アベラール&エロイーズ・パート5
6.Abelard And Heloise Part 6/アベラール&エロイーズ・パート6

ページトップへ