カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HIGH TIDE/Same (1970/2nd) (ハイ・タイド/UK)

UKのエクレクティックから、未発表音源4曲(UKエクレクティック盤と同じ)をボーナスで加えての、10年新規リマスターでのリシュー。音質はクリアで迫力もあってよい。ハイ・タイドは、元ミスアンダストゥッドのトニー・ヒルが中心となって69年にロンドンで結成されたグループで、この後サード・イアー・バンド、ホークウインド等のサイモン・ハウスも在籍していた。バンドで全面的にバックを担当した、デニー・ジェラルドの「シニスター・モーニング」の他、2枚のアルバムをリリースして70年に一旦解散するが、70年代後半にヒルとハウスが中心となって再編したレコーディング音源や、70年前後の未発表音源などが、90年前後に発掘音源盤としてリリースされている。本作は、70年にUKリバティからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーはファーストと同じトニー・ヒル、サイモン・ハウス、ピーター・パヴリ、ロジャー・ハッデンの4人編成、バンドとジョージ・チキアンツの共同プロデュース。ヒルがオルガン、ハウスがオルガン&ピアノ、ハッデンもパイプオルガン等を弾いていて、フロントがギターとヴァイオリン一辺倒だったファーストに比べ、若干ではあるがサウンドに彩りが感じられる。ブルージーなリフを基調としながらも、ギスギス感よりもヒャラヒャラ感が強くなっている印象で、相変わらず変な響きのコードやメロディ、リフやフレーズがワラワラと飛び出して来て、収まりの悪い浮遊感が個性となっていて面白い。気色悪さが心地好いという、正しくサイケで変態感十分の好盤。この後、ハウスはサード・イアー・バンドを経てホークウインドへ。ボーナスは、ファースト収録とは違うバージョンの4曲目も含め、やはり素直にカッコよかった。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche/Hard,Blues,Progressive / Jewel-case CD(2010 Re-master) / Esoteric/UK)

HIGH TIDE/Same (1970/2nd) (ハイ・タイド/UK)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

HIGH TIDE/Same (1970/2nd) (ハイ・タイド/UK)

Tony Hill(g,org)
Simon House(vln,org,p,vo)
Peter Pavli(b)
Roger Hadden(ds,p,pipe-org)

Producerd by High Tide & George Chkiantz


収録曲目
1.Blankman Cries Again
2.The Joke
3.Saneonymous

bonus track(unreleased):
4.The Great Universal Protection Racket
5.The Joke
6.Blankman Cries Again
7.Ice Age

ページトップへ