カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PESCADO RABIOSO/Desatormentandonod (1972/1st) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

アルゼンチンのソニー/BMGから、73年のアルバム未収シングル3曲をボーナスで加えての、デジパックでのリシュー。ペスカード・ラビオーソはアルゼンチンのブエノスアイレス出身のグループで、元アルメンドラのルイス・アルベルト・スピネッタが中心となって71年に結成されている。ラ・ペサダやパッポズ・ブルース、アルコ・イーリス、アクエラーレ等と共に、70年代のアルゼンチナ・ロックの中では日本でも知名度の高いバンドの1つで、リーダーのアルベルト・スピネッタはソリストとしても本国ではかなりのビッグ・ネーム。本作は、72年にアルゼンチンのマイクロフォンからラリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、アルベルト・スピネッタ、カルロス・クタイア、オスバルド・ボコン・フラシノ、ファン・カルロス・ブラック・アマージャ(ex.パッポズ・ブルース)の4人編成。概ね、ブルースを基調とした南米的B級感満点のサウンドを展開しており、曲によってハード・ロック調、サイケ・ブルース調、アシッド・フォーク調に大別される印象。各要素が微妙に入り混じっている感じもあり、どれもそれぞれのタイプとしては煮え切らなさがあるが、その寸止め感とゆるさが結果として味わいになっているという、ある意味変化球的な個性。その線でいけば典型的な南米サウンドの1つとも云えて、ギターとオルガンはわりとカッコよく、リズム隊もしっかりと安定しており、ボーカルの青臭さとの妙なバランスも面白い。ボーナスも含め、ガツーンとくるヘヴィネスはないが、サイケなゆるさを織り込んだ南米サイケ&ハード系サウンドとして雰囲気十分の好盤。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche/Hard,Blues / Digi-Pack CD(2008) / Sony/BMG Music/Argentina)

PESCADO RABIOSO/Desatormentandonod (1972/1st) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

価格:

2,280円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

PESCADO RABIOSO/Desatormentandonod (1972/1st) (ペスカード・ラビオーソ/Argentina)

Luis Alberto Spinetta(vo,g)
Carlos Cutaia(org,p)
Osvaldo "Bocon" Frascino(b,g,vo)
Juan Carlos "Black" Amaya(ds,el-ds)

Produced by Luis Alberto Spinetta


収録曲目
1.Blues De Cris
2.El Jardinero (Temprano Amanecio)
3.Dulce 3 Nocturno
4.Algo Flota En La Laguna
5.Serpiente (Viaja Por La Sal)

bonus track(1973 single):
6.Me Gusta Ese Tajo
7.Despiertate Nena
8.Post-Crucifixion

ページトップへ