カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

GILA/Same (1971/1st) (ギラ/German)

ドイツのガーデン・オブ・デライツからのリシュー。ギラはシュトゥットガルト出身のグループで、69年にコニー・ファイトとフリッツ・シェイヒングが中心となって結成されている。結成当初は政治色の強いコミューンの中の音楽セクト的存在だったが、わりとすぐにコミューンの政治活動からは離れ、独立して音楽活動を行っていたようだ。71年にファーストをリリースするが72年に解散、ファイトはミュンヘンに移住してポポル・ヴーに加入し、73年にポポル・ヴーのメンバー達とギラを再編してセカンドをリリースした。本作は、71年にドイツBASFからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーはコニー・ファイト、フリッツ・シェイヒング、ワルター・ヴィーダーキール、ダニエル・アルーノの4人編成。「フリー・エレクトリック・サウンド」というクレジット通りの、初期アシュラ・テンペルやアモン・デュール2系統のインプロを主体としたドラッギーなサイケ・ハード・プログレを展開しており、この線としてはわりと典型的なサウンド。ブルージーなリフを中心としたハード調と、アコースティック・ギターやエレキのクリアトーンを多用したプログレ調に大別される感じだが、空気感とコード感重視のオルガン&メロトロン、スペイシーなSEや音色も含め、どちらも初期ピンク・フロイド的サイケ感で括れる印象。特に、中〜後半以降のある種の牧歌的佇まいはかなりフロイド的で心地好く、ドロドロのB級クラウト感や時折見せる炸裂のカッコよさも相俟って、ジャーマン・サイケ愛好家なら問題なく楽しめるだろう好盤と思う。

輸入盤
(Psyche/Progressive,Experimental,Blues / Jewel-case CD(2017) / Garden Of Delights/German)

GILA/Same (1971/1st) (ギラ/German)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

GILA/Same (1971/1st) (ギラ/German)

Conny Veit(g,vo,effects)
Fritz Scheyhing(org,mltrn,effects)
Walter Wiederkehr(b)
Daniel Alluno(ds,tabla,per)

Producerd by Gila


収録曲目
1.Aggression
2.Kommunikation
3.Kollaps
4.Kontakt
5.Kollektivitat
6.Individualitat

ページトップへ