カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAQUINA/Why? (1970/1st) (マキナ/Spain)

スウェーデンのフラウド・ジェムスから、本作制作時の未発表セッション音源6曲と69年のアルバム未収シングル3曲の、計9曲をボーナスで加えての、15年新規リマスターでのリシュー。音質はクリアで迫力もあってよい。マキナはスペインのバルセロナ出身のグループで、ハウメ・シサやパウ・リバなどのフォーク・シンガーのバックを務めるラ・カンパーニャというバンドを母体として、69年に結成されている。本作は、70年にスペインのディアボロ/ムーヴィープレイからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ホルディ・バティステ、ジュゼップ・マリア・パリス、エンリケ・エルレラ(ex.クラック,etc)、ルイス・カバナーチ、ジュゼップ・マリア・ビラセカ(ex.タピマン)の5人編成、プロデュースはルイス・モンテロ。初期ピンク・フロイドやジュライ、ブロッサム・トゥズ辺りに近似する実験色も交えたアート・ロック的サイケ色と、ブルースを基調としたジャズ・ロック色、インプロ中心のヘヴィな演奏が相俟った、非常に面白いサウンドを展開。演奏はわりと全員上手くてカッコよく、英語ボーカルも違和感なくハマっているが、ワウ踏みっぱなしとファズかけっぱなしのツイン・ギター、雰囲気十分のハモンド・オルガン、太くてノリのよいベース、達者で細かいドラムなどが、各々勝手に弾きまくり&叩きまくりで一体となって盛り上がるインプロは、バンド感満点でけっこう異様なサイケ感を放つ。この勝手なやりっぱなし感はサイケ然とした猥雑な空気感を醸し出しており、B級の味わいとして聴ければかなり楽しめる。ビートルズ的サイケ・ポップ・ナンバーもあるボーナス群も含め、正しくサイケで濃密な好盤。

輸入盤
(Psyche/Jazz Rock,Progressive,Blues / Jewel-case CD(2015 Re-master) / Flawed Gems/Sweden)

MAQUINA/Why? (1970/1st) (マキナ/Spain)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

MAQUINA/Why? (1970/1st) (マキナ/Spain)

Jordi Batiste(vo,b,fl)
Josep Maria Paris(g)
Enrique Herrera(org,p)
Lluis Cabanach(g,b)
Josep Maria Vilaseca(ds)
Jackie Garcia(ds)bonus

Produced by Luis Montero


収録曲目
01.I Believe
02.Why Part 1&2
03.Let Me Be Born

bonus track:
04.Chains ("Why" LP Sessions)
05.Thank You ("Why" LP Sessions)
06.Fragment Del Ier De La Simfonia Nº1 D'Enric Herrera ("Why" LP Sessions)
07.Blues En Fa ("Why" LP Sessions)
08.Thoughts Of You Part 1 ("Why" LP Sessions)
09.Thoughts Of You Part 2 ("Why" LP Sessions)
10.Look Away Our Happiness (1969 single)
11.Earth's Daughter (1969 single)
12.Lands Of Perfection (1969 single)

ページトップへ