カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MECKI MARK MEN/Running In The Summer Night (1969/2nd) (メッキ・マーク・メン/Sweden)

フランスのランピィ・グレイヴィー・レコードから、オリジナル・スウェーデン・ミックス音源4曲と未発表曲1曲の計5曲をボーナスで加えての、15年新規リマスターでのリシュー。メッキ・マーク・メンは、鍵盤/管楽器/ボーカルをこなすメッキ・ボーデマルクを中心に、67年にストックホルムで結成されたグループで、本作は69年にUSAマーキュリー傘下のライムライトからリリースされたセカンド・アルバム。メンバーは、メッキ・ボーデマルク、ケニー・ハカンソン、ベッラ・フェルリン、ペッレ・エクマンの4人編成で、プロデュースはアンデシュ・リンド。本作は結局USA盤のみのリリースだったが、当時スウェーデン盤のリリース予定もあり、USA盤とは違うミックス・マスターが用意されていたらしく、ボーナスの4曲はそのスウェーデン・ミックス。尚、04年のスウェーデンのメロトロネン/ユニバーサル盤CD(既に廃盤)は、本編全曲スウェーデン・ミックスでリリースされた。一部で『スウェーデン最初のサイケ・ハード・グループ』と言われる通り、疾走する上等なリズム隊の上で、ボーデマルクのツボを押さえたサイケなオルガンが唸り、ハカンソンのジミヘン・ライクなギターが飛び交う、かなりカッコいいブルージー・ハード・サイケを展開。ボーデマルクの黒っぽさ満点のボーカルもジミヘンによく似せており、ファンク色のあるバンド・オブ・ジプシー的楽曲と、プログレ&実験色のあるアレンジがいい塩梅のマッチングを見せる。ファズ・ギターとオルガンのハマり具合と全体のギラギラ感は申し分なく、サイケ&ハード・ロック愛好家なら文句なしに楽しめるだろう好盤。この後サードをリリースしてグループは解散、ハカンソンとエクマン、フェルリンの3人はケブネカイゼを結成する。

輸入盤
(Psyche/Blues,Hard,Psyche / Jewel-case CD(2015 Re-master) / Lumpy Gravy/France)

MECKI MARK MEN/Running In The Summer Night (1969/2nd) (メッキ・マーク・メン/Sweden)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

MECKI MARK MEN/Running In The Summer Night (1969/2nd) (メッキ・マーク・メン/Sweden)

Mecki Bodemark(org,vo,fl)
Kenny Hakansson(g)
Bella Ferlin(b)
Pelle Ekman(ds)

Producerd by Anders Lind


収録曲目
01.Sweet Swede Girls
02.Playing Child
03.Is He Safe?
04.I Don't Wanna Hurt You
05.Future On The Road
06.The Life Cycle:
a.Born
b.Different Directions
c.Being Is More Than Life
07.Help Me Somebody
08.Butterfly
09.Running In The Summernight

bonus track:
10.Sweet Swede Girls (original Swedish mix)
11.Playing Child (original Swedish mix)
12.Is He Safe? (original Swedish mix)
13.I Don't Wanna Hurt You (original Swedish mix)
14.Future On The Road (unreleased)