カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HELDON/Third(It's Always Rock'n'Roll)(2CD) (1975/3rd) (エルドン/France)

ドイツのビュロー・Bから、18年新規リマスター&3面開きデジパック&2CDでのリシュー。エルドンは、リシャール・ピナス、ジョルジュ・グルムブラト、ココ・ルーセル、パトリック・ゴーティエ等が出入りしていたシゾー(スキゾ)を母体として、74年にピナスが中心となって新たに結成されたユニットで、 マグマ人脈とも絡みながら独自のエレクトロニクス&音響プログレ路線を貫いたビッグ・ネームの1つ。本作は、75年にピナスの自主レーベルのディジュンクタから自主制作盤としてリリースされたサード・アルバムで、オリジナルと同じ2枚組仕様。「エルドン・イズ・ナウ」としてピナス、アラン・ルノー、オロールのクレジットがあり、オロールはおそらくピナスが飼っていたジャーマン・シェパード犬の名前なので、実質はピナスとルノーを軸に、曲によってグルムブラト、ゴーティエ、ジルベール・アールマン(ex.ラード・フリー,etc)、ジャン・ミ・トゥルォン(ex.ザオ,パーセプシオン,etc)、実験音楽家のアリエル・カルマ等々が曲によって適時参加。ジャム・セッション風の「メシャマーン・ロック」、インディアン・ハーモニウムによるドローン空間にシンセと犬の鳴声が絡む「オロール」、フリップ&イーノ風の「バージン〜」、ノイジーなギターが炸裂する「ジンド・デストラクション」、コーダ部分が後期エルドンのプロトタイプ的な「ドクター・ブラッドマネー」等々、異質なスタイルの曲が混在。その意味ではとりとめはないが、散文的な構成が結果として曲毎の個性を浮き立たせている印象で、ともかくも色々やってみたという感じの見本市的な様相。ゆらぎとうねりが連続する不思議なノイズ・アンビエント・サウンドで、けっこう面白い。EUプレス盤

輸入盤
(Psyche/Electronics,Drone,Noise / Digi-Pack 2CD(2018 Re-master) / Bureau B/German,EU)

HELDON/Third(It's Always Rock'n'Roll)(2CD) (1975/3rd) (エルドン/France)

価格:

2,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

HELDON/Third(It's Always Rock'n'Roll)(2CD) (1975/3rd) (エルドン/France)

Richard Pinhas(g,syn,b)
Alan Renaud(g)
Georges Grumblatt(mltrn,g,devices)
Gilbert Artman(ds)
Patrick Gauthier(syn)
Jean-My Truong(ds)
Ariel Kalma(indian-hmnm)
Aurore(sing)

Produced by Richard Pinhas


収録曲目
(CD I):
1.Ics Machinique
2.Cotes De Cachalot A La Psylocybine
3.Mechamment Rock
4.Cocaine Blues
5.Aurore

(CD II):
1.Virgin Swedish Blues
2.Ocean Boogi
3.Zind Destruction (Bouillie Blues)
4.Doctor Bloodmoney

ページトップへ