カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

HELDON/Electronique Guerilla (1974/1st) (エルドン/France)

ドイツのビュロー・Bから、18年新規リマスター&デジパックでのリシュー。エルドンは、リシャール・ピナス、ジョルジュ・グルムブラト、ココ・ルーセル、パトリック・ゴーティエ等が出入りしていたシゾー(スキゾ)を母体として、74年にピナスが中心となって新たに結成されたユニットで、 マグマ人脈とも絡みながら独自のエレクトロニクス&音響プログレ路線を貫いたビッグ・ネームの1つ。本作は、74年にピナスの自主レーベルのディジュンクタから自主制作盤としてリリースされたファースト・アルバムで、ロバート・ワイアットに捧げる旨の文言がある。ピナス1人によるギターとシンセの多重録音を核に、曲によってゴーティエ、グルムブラト、ルーセル、アラン・ルノー、ピエロ・ルーセル等のシゾー時代の僚友達のゲスト参加がある。4曲目でニーチェの詩を朗読しているのはジル・ドゥルーズ。概ね、ドローン&ノイズ方面に収束するエレクトロニクス・アンビエントを展開していて、巷で噂の通りフリップ&イーノの「ノー・プッシーフーティング」に近似するサウンド。それは勿論、ピナスも意識していたに違いないが、既にシゾー時代の72年には『フリッパートロニクス』的な音を出していて、単にエピゴーネン的な作品ではないと思う。LPでは旧A面がウィリアム・バロウズ・サイド、旧B面がノーマン・スピンラッド・サイドとなっていて、その辺りの文学的要素も含め、センス抜群のギター&エレクトロニクス・ノイズ・アンビエント好盤と思う。この浮遊感はともかくも心地好い。この後、ココ・ルーセルは渡米してハッピー・ザ・マンへ。EUプレス盤

輸入盤
(Psyche/Electronics,Drone,Noise / Digi-Pack CD(2018 Re-master) / Bureau B/German,EU)

HELDON/Electronique Guerilla (1974/1st) (エルドン/France)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

HELDON/Electronique Guerilla (1974/1st) (エルドン/France)

Richard Pinhas(g,syn)
Alan Renaud(g)
Patrick Gauthier(p,syn)
Georges Grumblatt(syn)
Pierrot Roussel(b)
Coco Roussel(ds)
Gilles Deleuze(vo)

Produced by Richard Pinhas


収録曲目
1.Zind
2.Back To Heldon
3.Northernland Lady
4.Ouais Marchais, Mieux Qu'en 68. (Ex : "Le Voyageur")
5.Circulus Vitiosus
6.Ballade Pour Puig Antich (Revolutionnaire Assassine En Espagne.)

ページトップへ