カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ACHIM REICHEL (& MACHINES)/Echo + A.R.IV (1972+74/2+4th) (アキム・ライヒェル(&マシーンズ)/German)

ドイツのニュー・アモス・レコードから、72年のアキム・ライヒェル&マシーンズ名義セカンド「エコー(ディスク1全曲&ディスク2/1曲目)」と、73年のアキム・ライヒェル名義セカンド(通算4作目)「A.R.IV(ディスク2/2,3曲目)」の、カップリング2CDでのリシュー。オリジナルは「エコー」がドイツのポリドール、「A.R.IV」がドイツのゼブラ。リバーシブル・スリーヴ仕様で、2作品とも単独でもプリントされている。アキム・ライヒェルはハンブルグ出身のアーティストで、マニュエル・ゲッチングの先をいっていたとも云える知られざる音響系ギタリスト。本作収録の2枚も含め、70年代前半はアシュ・ラ・テンペルとアモン・デュールの狭間をいくような、独特のジャーマン・サイケ音響プログレを展開しており、絶妙な深いリバーヴ・ギター、効果的に配置されたSEと的を得たエフェクト、原初的で国籍不明の民族音楽色とパーカス群等々による、初期タンジェリン・ドリーム的透徹感と初期アモン・デュール2的な猥雑感、初期アシュ・ラ・テンペル的なバンド感を併せ持つサイケかつ濃密なサウンド。より猥雑感が強くサイケな「エコー」は、初期フロイド的でアングラなサイケ感満点で、ラストの組曲(ディスク2/1曲目)はかなり圧巻。反復フレーズを多用したミニマル・ギター音響的な「A.R.IV」は、妙なファンクっぽさのノリと国籍不明の民族音楽色、B級センスのバンド感のマッチングが面白く、リズムもカッコよくて楽しめる。2作品とも、ギター音響&エレクトロニクス系として正しくサイケで文句なしの好盤。このサウンド・スケープは、おそらくコニー・プランクの存在も大きい。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/デッドストック入荷
(Psyche/Progressive,Electronics / Jewel-case 2CD(2005) / New Amos Records/German)

ACHIM REICHEL (& MACHINES)/Echo + A.R.IV (1972+74/2+4th) (アキム・ライヒェル(&マシーンズ)/German)

価格:

3,280円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

ACHIM REICHEL (& MACHINES)/Echo + A.R.IV (1972+74/2+4th) (アキム・ライヒェル(&マシーンズ)/German)

"Echo":
ACHIM REICHEL (& MACHINES)/Echo + A.R.IV (1972-74/2+4th) (アキム・ライヒェル(&マシーンズ)/German)

Achim Reichel(g,machines,vo)
Helmuth Franke(g)
Pete Becker(sounds)
Frank Dorstal(sounds)
Jochen Petersen(sax)
Norbert Jacobsen(clnt)
Arthur C.Carstens(jews-harp)
Dicky Tarrach(ds)
Lemmy Lembrecht(ds,per)
Hans Lampe(per)
Kalle Trapp(per)
Rolof Kohler(per)
Klaus Schulze(vo)
Conny Plank(vo)
Matti Klatt(vo)

Produced by Conny Plank & Gorilla Musik


"A.R.IV":
ACHIM REICHEL (& MACHINES)/Echo + A.R.IV (1972-74/2+4th) (アキム・ライヒェル(&マシーンズ)/German)

Achim Reichel(echo-g,vo)
Helmuth Franke(g)
Claus-Robert Kruse(el-p)
Jochen Petersen(sax,fl)
Frank Wulff(rcdr,sitar)
Hans Hartmann(b)
Hans Boche(ds)
Churchill Jalobe(ds)
Olaf Casalich(per)
Carsten Bohn(per)
Matti Klatt(per)

Produced by Conny Plank & Gorilla Musik


収録曲目
(Disc 1 "Echo"):
1.Einladung (Invitation):
a)Einladung
b)Zu Neuen Abenteuem
c)Im Zauberwald Der 7 Sinne
d)Im Irrgarten Des Geistes
e)Beim Walzer Der Triebe
f)Unter Dem Schwarz-grun-roten Banner
g)Internationalhymne

2.Das Echo Der Gegenwart (The Echo Of The Presence):
a)Erwachen Am Ufer
b)Vor Dem Haus Am Futhe
c)Signale
d)Wissen Ist Fruhling Im Herbst
e)Eisen-Laura Mit Der Lyra

3.Das Echo Der Zeit (The Echo Of Time):
a)Ich Staune
b)Auf Dem Schlitten
c)Ins Echo Der Zeit
d)Regenbogen Hinab
e)Durch Fuhlbares, Methbares Nichts
f)Ewiger Abschied Auf Lila Glut

4.Das Echo Der Zukunft (The Echo Of The Future):
a)Ahnungen
b)Beim Tanz Der Elektrischen Winde
c)Vor Der Geburt Der Neuen Dimension
d)Interstellare Kommunikationen
e)Das Offen Des Grothen Tores
f)Der Traum Vom Gleichgewicht



(Disc 2):
"Echo":
1.Das Echo Der Vergangenheit (The Echo Of The Past):
a)Erinnerungen An Ubermorgen
b)Ad Libido HF KS CP JP
c)Ego Lego PH
d)Brennt Wie Ein Licht Am Ende Des Tunnels


"A.R.IV":
"Vita":
2.a)Cave Explorers + Birdmen
3.b)The Man In Kidleather
4.c)Thin Is The Skin Of Ecstasy

5.Aqua - Every Raindrop Longs For The Sea

ページトップへ