カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

STYX/Equinox(分岐点) (1975/5th) (スティクス/USA)

国内のユニバーサルから、16年新規リマスター&SHM-CD、限定ペーパースリーヴでのリシュー。紙ジャケ仕様で、復刻オビ、オリジナル・インナーバッグ入、歌詞・対訳付。スティクスはシカゴ出身のグループで、チャック&ジョン・パノッツォ兄弟とデニス・デ・ヤングが61年に結成したトレイドウィンズ(65年にTW4に改名)を母体として、72年のレコード会社との契約の際に三たびグループ名をスティクスに改名した。スティクスの由来は、ギリシア神話の冥府にある三途の川の名称。本作は、75年にUSAのA&Mからリリースされたフィフス・アルバムで、邦題は「分岐点」。メンバーは、ファーストから不変のデニス・デ・ヤング、ジョン・クルリュウスキー、ジェイムス・ヤング、チャック・パノッツォ、ジョン・パノッツォの5人編成で、バンドとバリー・ムラーズの共同プロデュース。前作同様に、デ・ヤングのプログレ&クラシック色と、ヤングとクルリュウスキーのハード色にほぼ2分されている感じだが、はっきりと傾向が分かれている曲と、両方の要素が折衷されている曲が同居しており、全体としてそれ程散漫な印象ではない。ハードネスと泣きのプログレ色がスタイリッシュなポップネスに収束していくサウンドは、ある意味プログレ・ハードの典型といった感じでもあり、過剰気味だったハイトーン・コーラスも熟れてきているというか、アレンジも洗練感が増している。タイトなハード・ロック調の演奏は素直にカッコよく、ベタなセンスのアメリカンなイモっぽさも含め、カンサスやジャーニー方面のアメリカン・プログレ・ハード系としての形が、かなりはっきりと顕われてきた好盤。

国内盤/国内プレス(Japanese-pressing CD)
(Progressive/Hard,Symphonic,Pops / Paper-Sleeve SHM-CD(2016 Re-master) / Universal/Japan)

STYX/Equinox(分岐点) (1975/5th) (スティクス/USA)

価格:

2,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

STYX/Equinox(分岐点) (1975/5th) (スティクス/USA)

Dennis DeYoung(vo,kbd,syn)
John Curulewski(vo,g,syn)
James Young(vo,g)
Chuck Panozzo(b,vo)
John Panozzo(ds,per,vo)

Produced by Styx & Barry Mraz


収録曲目
1.Light Up/ライト・アップ
2.Lorelei/ローレライ
3.Mother Dear/マザー・ディア
4.Lonely Child/ロンリー・チャイルド
5.Midnight Ride/ミッドナイト・ライド
6.Born For Adventure/アドヴェンチャー野郎
7.Prelude 12/プレリュード 12
8.Suite Madame Blue/スイート・マダム・ブルー

ページトップへ