カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

VAN DER GRAAF GENERATOR/The Aerosol Grey Machine (1969/1st) (ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター/UK)

フランスのランピィ・グレイヴィ・レコードから、本作のアウトテイク2曲、69年のアルバム未収シングル両面2曲、68年11月18日のBBCセッション音源4曲の計8曲をボーナスで加えてのリシュー。ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(VDGG:高電圧静電発電機)は、ピーター・ハミルとクリス・ジャッジ・スミスのデュオ・ユニットとして67年にマンチェスターで結成されたグループで、数度の解散と休止期間を経て現在も独自の存在感を維持しながら活動を続ける孤高のビッグ・ネーム。本作は、69年にUKフォンタナからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ピーター・ハミル、ヒュー・バントン、元クーバスのキース・エリス、元ミスアンダストゥッドのガイ・エヴァンスの4人編成を基本に、曲によってジェフ・ピーチのフルートが入る。プロデュースはジョン・アンソニー。一捻りあるサイケというか、アングラ色とポップ色が混在したプログレ黎明期のサウンドというか、ピンク・フロイドやソフト・マシーンが切り開いた流れに続く、プログレへの派生途上にあるアート・ロック的内容のサウンド。派手ではないが妙にエグ味があって耳に残るメロディとフレーズ、各メンバーのキャラの立った演奏がいい塩梅でマッチングしていて、明る過ぎず暗過ぎずの独特の浮遊感を放っており、正しくサイケな心地好さを楽しめる。セカンド以降の圧倒的なヘヴィネスはまだそれ程顕われてないが、ハミルのダンディなボーカルやバントンの気色好いオルガン、エヴァンスのハードなドラム等々、VDGG的なアーティストとしての個性やスタイルは既に確立されており、全体にわりと素直にカッコいい曲が多い。実はかなりの好盤。ボーナス群もけっこう楽しめる。

輸入盤
(Progressive/Psyche,Art Rock / Jewel-case CD(2015) / Lumpy Gravy/France)

VAN DER GRAAF GENERATOR/The Aerosol Grey Machine (1969/1st) (ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター/UK)

価格:

2,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

VAN DER GRAAF GENERATOR/The Aerosol Grey Machine (1969/1st) (ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター/UK) VAN DER GRAAF GENERATOR/The Aerosol Grey Machine (1969/1st) (ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター/UK)

Peter Hammill(vo,g)
Hugh Bunton(kbd)
Keith Ellis(b,vo)
Guy Evans(ds,per)
Jeff Peach(fl)

Producerd by John Anthony


収録曲目
01.Afterwards
02.Orthenthian
03.Running Back
04.Into A Game
05.Aerosol Grey Machine
06.Black Smoke Yen
07.Aquarian
08.Necromancer
09.Octopus

bonus track:
10.Giant Squid (LP outtake 1969)
11.Ferret & Featherbird (LP outtake 1969)
12.People You Were Going To (single A-side 1969)
13.Firebrand (single B-side 1969)
14.People You Were Going To (BBC Session 18th November 1968)
15.Afterwardso (BBC Session 18th November 1968)
16.Necromancer (BBC Session 18th November 1968)
17.Octopus (BBC Session 18th November 1968)

ページトップへ