カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PETER HAMMILL/Nadir's Big Chance (1975/5th) (ピーター・ハミル/UK)

UKのヴァージン/EMIから、06年新規リマスターでのリシュー。ピーター・ハミルは、ロンドン出身のシンガー&シンガー・ソング・ライター(SSW)で、何よりヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(VDGG)のリーダーとして知られていると思う。ソロとVDGGで現在も現役で活動を続ける孤高の巨人。本作は、75年にUKカリスマからリリースされたフィフス・ソロ・アルバムで、VDGGの再編が決まった直後に「ゴッドグラフ」に先駆けてレコーディングされた。メンバーは、ハミル、ヒュー・バントン、デヴィッド・ジャクソン、ガイ・エヴァンスの4人編成で、要は再編VDGGによる最初のレコーディングであり、ハミルのソロとしては初めてのバンド作品となった。ハミルのオルター・エゴである16歳の少年リッキ・ナディアが、『アイス・ブルーのストラトキャスターを駆って、3コードのパンク・ソングを歌う』とある通り、1曲目からナディアが歌う怒濤のパンクが炸裂するのだが、本来のエゴであるハミルが歌うナンバーも随時挿入され、2つの人格が分裂と統合を繰り返すトータル・コンセプト・アルバム。語尾を切り上げるシャウト・スタイルのナディアのボーカルや、ブルージーでちょっとエッチなサックス、ドライヴしまくるベース、ハンマー・ビート的なドラムによるパンキッシュな楽曲と演奏は、例えばロキシー・ミュージックとノイ!を足して割ったような印象で、ともかくも勢いよく炸裂していて素直にカッコいい。本来のハミルが歌う落ち着いたナンバーは、やはりVDGG的な部分はあるがリリカルでしっとりしていて、ナディアの激しいパンクと好対照を成す。ハミルがパンク的要素を取り入れた最初の作品であり、何と言うかかなりハマっている。カッコよし!。EUプレス盤

輸入盤/デッドストック入荷
(Progressive/Punk,Psyche / Jewel-case CD(2006 Re-master) / Virgin,EMI/UK,EU)

PETER HAMMILL/Nadir's Big Chance (1975/5th) (ピーター・ハミル/UK)

価格:

1,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

PETER HAMMILL/Nadir's Big Chance (1975/5th) (ピーター・ハミル/UK)

Peter Hammill(aka.Rikki Nadir)(vo,g,p,b)
Hugh Bunton(b,org)
David Jackson(sax,fl)
Guy Evans(ds)

Produced by Peter Hammill


収録曲目
01.Nadir's Big Chance
02.The Institute Of Mental Health, Burning
03.Open Your Eyes
04.Nobody's Business
05.Been Alone So Long
06.Pompeii
07.Shingle Song
08.Airport
09.People You Were Going To
10.Birthday Special
11.Two Or Three Spectres

ページトップへ