カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

高円寺百景(KOENJIHYAKKEI)/Dhorimviskha(ドリンビスカ) (2018/5th) (Japan)

国内の磨崖仏リミテッドから、3面開きデジスリーヴでのリリース。高円寺百景は、吉田達也(ex.ルインズ,是巨人,etc)が企画したマグマのコピー・バンド、メカニック・コマンドーを母体として91年に結成されたグループで、変拍子のユニゾンまたはポリリズムにマグマ的なボーカル&コーラスを絡めた、ズール・プログレ系サウンドを展開する。本作は、18年にリリースされたフィフス・アルバムで、タイトルは「ドリンビスカ」。メンバーは、前作からの吉田達也、坂元健吾、小森慶子(ex.渋さ知らズ)の3人に、新たにAh、矢吹卓、小金丸慧を加えた6人編成。スタジオ作品としては05年の「アンゲル・シスパ」以来13年振りだが、従来のマグマ・フォロワー的サウンドを基調としたズール・チェンバー・ロック系に基本的に変化はない。Ahと矢吹卓は09年の「ライヴ・アット・高円寺・ハイ」の時点では既に加入していて、14年の「RIOジャパン・フェス」には小金丸以外の5人で参加している。してみると、小金丸以外は随分と長い旧知のメンバー達で、演奏が熟れているのも当然かも知れず、新加入の小金丸のギターも普通にハマっていて、高速パッセージの連続炸裂には時々ついていけない感じもあるが、ともかくも全員上手くて濃密。前述の「ライヴ・アット・高円寺・ハイ」では、わりとキュートなボーカルで新風を吹かせていたAHも、吉田達也の変態変拍子ドラムとの涼しげなユニゾンや、迫力満点のシャウトと七変化声色で堂々たる存在感を放っている。この、無理のあるリズム、宙吊リフやフレーズ、メロディの高速展開、異常なハイテンションの連続は、ルインズや是巨人とはまた違ったテイストの吉田達也的なるもので、その線としては期待通りで圧倒的なアンサンブルを堪能出来る。

磨崖仏盤
(Progressive/Psyche,Chamber,Zeuhl / Digi-Sleeve CD(2018) / Magaibutsu/Japan)

高円寺百景(KOENJIHYAKKEI)/Dhorimviskha(ドリンビスカ) (2018/5th) (Japan)

価格:

2,484円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

高円寺百景(KOENJIHYAKKEI)/Dhorimviskha(ドリンビスカ) (2018/5th) (Japan)

Yoshida Tatsuya(ds,vo)
Sakamoto Kengo(b,vo)
Komori Keiko(sax,clnt)
Yabuki Taku(kbd)
Koganemaru Kei(g,vo)
Ah(vo)

Produced by Koenji Hyakkei


収録曲目
1.Vleztemtraiv/ブレステントライヴ
2.Levhorm/レヴォーム
3.Zjindhaiq/ズィンダイク
4.Phlessttighas/フレスティガス
5.Djebelaki Zomn/ジェベラキゾム
6.Palbeth Tissilaq/パルベスティシラク
7.Dhorimviskha/ドリンビスカ

ページトップへ