カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DEUS EX MACHINA/Devoto (2016/7th) (デウス・エクス・マッキーナ/Italy)

USAのキュニフォームからのリリース。デウス・エクス・マッキーナは85年にボローニャで結成されたグループで、古代ギリシャ劇の手法の1つ『機械仕掛けの神』というバンド名の通り、ボーカルをラテン語で歌うロック・オペラ的サウンドを展開する面白いバンド。本作は、16年にリリースされたセヴンス・アルバム(通算9枚目)で、08年の前作「インパリス」から8年振りのアルバム。メンバーは、前作からのアルベルト・ピラス、マグリーノ・コッリーナ、アレッサンドロ・ポレッカ、クラウディオ・トロッタの4人に、新たにルイジ・リッキアルディエッロ、アレッサンドロ・ボネッティを加えた6人編成が基本で、曲によってサックス、トロンボーン、シンセ、コントラバス等のゲスト参加がある。往年の70年代イタリアン・ヘヴィ・シンフォニックの要素と、ザッパ的ジャズ・ロック・プログレの要素、RIO系変拍子チェンバーの要素、テクニカル・フュージョンの要素がハイブリットされた、かなり独特で個性的なサウンドを展開。ともかくも70年代イタリアン・ロック調の切れ味のよいギター、ツボを押さえた暑苦しさと変テコな音を多用するオルガン、ピアノ、シンセ、ヘヴィネスを放ちながら疾走するリズム隊、デメトリオ・ストラトスを彷彿させられる圧倒的なボーカル、鋭く切り込んでくるキレのよいヴァイオリンによる演奏は、非常に上手くて濃密で圧巻。変テコだが変拍子ではないリフやフレーズと変拍子リズムの併用という、ジェントル・ジャイアント的分解フレーズの多用もかなり面白く、全体に漂うバルカン・エスニック色とアレア感も含め、ともかくも文句なしにカッコいい好盤。カッコよし!。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Progressive/Heavy Symphonic,Chamber,Jazz Rock / Jewel-case CD(2016) / Cuneiform/USA)

DEUS EX MACHINA/Devoto (2016/7th) (デウス・エクス・マッキーナ/Italy)

価格:

2,380円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

DEUS EX MACHINA/Devoto (2016/7th) (デウス・エクス・マッキーナ/Italy)

Alberto Piras(vo)
Magrino Collina(g,bzki,dobro)
Luigi Ricciardiello(org,p,syn)
Alessandro Bonetti(vln,mdln)
Porre Alessandro Porreca(b)
Claudio Trotta(ds)
Luigi Savino(syn,c-b)
Alessandro Meroli(sax)
Marco Matteuzzi(sax)
Massimo Greco(tb)

Producerd by Unknown


収録曲目
01.Devoto
02.Sotterfugio
03.Multiverso
04.Distratto Da Me
05.Eterno Ritorno
06.Piu Uguala
07.Transizione
08.Autore del Futuro
09.Figli
10.Quattro Piccole Mani

ページトップへ