カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

PATTO/Monkey's Bum(モンキーズ・バム) (1973/Unreleased 4th) (パトゥー/UK)

UKのエソテリック・レコーディングスから、73年2月12日のBBCジョン・ピール・セッション音源3曲をボーナスで加えての、17年新規リマスターでのリシュー。パトゥーは、マイク・パトゥー、オリー・ハルソール、クライヴ・グリフィス、ジョン・ハルゼーの4人が在籍していたタイムボックスを母体として、70年にそのままバンド名をパトゥーに変える形で結成されたグループで、この後テンペスト、ケヴィン・エアーズ、ボクサー、センティピード、スプーキー・トゥース、ヒンクレー・ヒーローズ、ザ・ラトルズ等々の、多くの関連アーティストを持つバンド。本作は、73年にレコーディングされながらもオクラ入りとなったフォース・アルバム用音源で、メンバーは、ファーストから不変のパトゥー、ハルソール、グリフィス、ハルゼーの4人編成が基本だが、曲によってメル・コリンズ(ex.キング・クリムゾン,キャメル,etc)、デイヴ・ブルックスのサックスが入る。プロデュースはマフ・ウインウッド。概ね、前作までの流れを継承したブルージー・サイケ・ハード的サウンドを展開しているが、多くの曲でパトゥーがエレピを弾いていたりサックスが入ったりで、少し趣きが異なっていて面白い。いかにも彼ららしい変テコなブルース・ロック系から、パンキッシュな炸裂系、ボンゾ・ドックやモンティ・パイソン的脱力系まで、曲想はバリーエーション豊富で、ギターにせよピアノにせよハルソールの弾くフレーズは相変わらずハミ出し感満点。全体に、基本一発録り的なラフ・ミックスっぽさがあり、決して完成形ではないだろうと思われるが、パトゥーのシンギングも十分にアクが強く、ヘヴィでノリのよいリズム隊は素直にカッコいいので、これでもう少し楽曲が練り込まれていればかなりの好盤になったかも知れない。この後、パトゥは再編スプーキー・トゥースを経てボクサーへ、ハルゼーはヒンクレー・ヒーローズ等を経てザ・ラトルズへ、ハルソールはテンペスト、ケヴィン・エアーズのバックを経て、ボクサーで再びパトゥと合流する。TESオビ・解説/人脈図付

輸入盤
(Psyche Hard/Blues,R&B,Progressive / Jewel-case CD(2017 Re-master) / Esoteric/UK)

PATTO/Monkey's Bum(モンキーズ・バム) (1973/Unreleased 4th) (パトゥー/UK)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

PATTO/Monkey's Bum(モンキーズ・バム) (1973/Unreleased 4th) (パトゥー/UK)

Mike Patto(vo,el-p)
Olly Halsall(g,p,kbd,vo)
Clive Griffiths(b)
John Halsey(ds,per)
Mel Collins(sax)
Dave Brooks(sax)

Produced by Muff Winwood


収録曲目
01.My Days Are Numbered/マイ・デイズ・アー・ナンバード
02.Dream I Had Last Night/ラスト・ナイト・アイ・ハッド・ア・ドリーム
03.Sugar Cube 1967/シュガー・キューブ 1967
04.Need You/アイ・ニード・ユー
05.Good Friend/グッド・フレンド
06.Get Up & Do It/ゲット・アップ・アンド・ドゥ・イット
07.Sausages/ソーセージ
08.Hedyob/ヘディオブ
09.Pick Up The Phone/ピック・アップ・ザ・フォン
10.General Custer/カスター将軍

bonus track(BBC "John Peel Session" 12th February 1973):
11.San Antone/サン・アントニー
12.Holy Toledo/ホーリー・トレド
13.Loud Green Song/ラウド・グリーン・ソング

ページトップへ