カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAGMA/Mekanik Destrnktiw Kommandoh: 2017 New Mastering (1973/3rd) (マグマ/France)

フランスのセヴンス・レコードから、17年新規リマスター&デジパックでのリシュー。マグマは、ローラン・チボーやフランシス・モーズ、ザブが在籍していたゾルゴネスを母体として、そこにクリスチャン・ヴァンデが加わる形で69年にパリで結成された。おそらく日本で最も知名度のあるフレンチ・プログレのバンドで、活動休止期間を経ながらもヴァンデを中心に現在も活動を続けるビッグ・ネーム。本作は、73年にフランスのヴァーティゴからリリースされたサード・アルバムで、音質もよくなった新装リシュー盤。メンバーは、クリスチャン・ヴァンデ、ヤニク・トップ、クロース・ブラスキス、ジャン・リュック・マンドゥリエ、クロード・オルモス(ex.アリス,クール・マジク,etc)、ステラ・ヴァンデ、ルネ・ガルベ、テディ・ラスリー、ルイス・サーカシアンの9人編成、プロデュースはジョルジオ・ゴメルスキー。トップとステラが加わった最初のアルバムで、「トゥーザムターク第3章」だがトゥーザムタークとしては最初にリリースされた音源でもあって、オルフの「カルミナ・ブラーナ」とバカテク・フュージョンが合体したような、いわゆるマグマ的ズール・ジャズ・ロック・サウンドとなった最初の作品という、マグマにとって画期となったアルバムの1つ。盛り上がりっぱなしの炸裂ヘヴィネスは素直にカッコよく、意外にもメロディアスな前半から、ベース・ソロを挟んで爆発する後半の凄まじさはともかくも圧巻。『核で自滅しつつある地球に、科学と哲学の高度な調和を達成したコバイア人が訪れ、地球人に精神的成人を促すが・・・』という、クラークの「地球幼年期の終わり」的テーマのコバイア・ストーリーも面白い。マグマを聴くならハズせない1枚と思う。

輸入盤
(Progressive/Zeuhl Jazz Rock / Digi-Pack CD(2018 '17Re-master) / Seventh/France)

MAGMA/Mekanik Destrnktiw Kommandoh: 2017 New Mastering (1973/3rd) (マグマ/France)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

MAGMA/Mekanik Destrnktiw Kommandoh: 2017 New Mastering (1973/3rd) (マグマ/France)

Christian Vander(ds,per,org,vo)
Jannick Top(b)
Klaus Blasquiz(vo,per)
Jean-Luc Manderlier(kbd)
Claude Olmos(g)
Stella Vander(vo)
Rene Garber(clnt,vo)
Teddy Lasry(clnt,sax,fl)
Louis Sarkissian(wind)

Producerd by Giorgio Gomelsky


収録曲目
1.Hortz Fur Dehn Stekehn West
2.Ima Suri Dondai
3.Kobaia Is De Hundin
4.Da Zeuhl Wortz Mekanik
5.Nebehr Gudahtt
6.Mekanik Kommandoh
7.Kreuhn Kohrmahn Iss De Hundin

ページトップへ