カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

EMMANUEL BOOZ/Dans Quel Etat J'erre (1979/4th) (エマニュエル・ブーズ/France)

フランスのムゼアから、14分に及ぶ未発表音源1曲をボーナスで加えての、12年新規リマスター&ペーパースリーヴでのリシュー。限定プレスの紙ジャケ仕様、新規ブックレット入、オビ付。エマニュエル・ブーズはパリ出自のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、60年代末にはエグレジーというバンドのボーカリストとしても活動していた。本作は、79年にフランスのポリドールからリリースされたフォース・アルバムで、確か邦題は「彷徨の歌」。メンバーは、ブーズ、ジャン・クロード・ダゴスティーニ(ex.クリアライト,デライアド・カメレオン・ファミリー,etc)、ジル・ティネール(ex.ママ・ベア,etc)の3人を中心に、ディディエ・ロックウッド(ex.マグマ,ZAO,ヴォルコール,etc)、シャルリー・シャリエラ(ex.アルファ・ラルファ,etc)、ジェラール・ピザニ(ex.マルタン・サーカス)、フィリップ・ブリーシュ(ex.シンセシス,ユートピック・スポラディック・オーケストラ)、ロジェ・ドルー(ex.フォルガス)、ピエール・ブランシャール(ex.ZAO)、ジャン・ルイ・マージュン(ex.マージュン)、モリス・マティアス、ジャン・シュルテイス等々が曲によって参加。マグマとザッパを足して割ったような、いかにもプログレ然とした長尺ナンバー3曲が、怒濤のハイテンションで炸裂し続けるちょっと圧巻の濃密かつ重厚なサウンドを展開。アラン・ソレンティと同じかそれ以上の変態感を放つブーズのボーカルも含め、圧倒的なヘヴィ・シンフォニック&ジャズ・ロック・プログレの好盤。ともかくも演奏が文句なしにカッコよく、変拍子を交えた畳み掛ける展開の楽曲とアレンジも、非常に濃密で素晴らしい。ボーナスの長尺ナンバーも本編と同傾向なハード・ナンバーで、素直にカッコよかった。圧巻!。

輸入盤/限定プレス
(Progressive/Heavy Symphonic,Jazz Rock / Paper-Sleeve CD(2012 Re-master) / Musea/France)

EMMANUEL BOOZ/Dans Quel Etat J'erre (1979/4th) (エマニュエル・ブーズ/France)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

EMMANUEL BOOZ/Dans Quel Etat J'erre (1979/4th) (エマニュエル・ブーズ/France)

Emmanuel Booz(vo)
Jean-Claude D'Agostini(g)
Gilles Tynaire(kbd,syn,p)
Philippe Briche(el-p)
Roger Doereux(el-p)
Didier Lockwood(vln)
Jean-Louis Majhun(vln)
Gerard Pisani(clnt,sax)
Charlie Charrieras(b)
Gerard Levasseur(b)
Maurice Mathias(ds)
Jean Schultheis(ds)

Produced by Emmanuel Booz


収録曲目
1.L'ode Aux Rats
2.La Symphonie Catastrophique
3.Armoire Et Persil

bonus track:
4.Les Morts

ページトップへ