カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

EMMANUEL BOOZ/Clochard (1976/3rd) (エマニュエル・ブーズ/France)

フランスのムゼアから、シングル?音源3曲をボーナスで加えての、11年新規リマスター&ペーパースリーヴでのリシュー。限定プレスの紙ジャケ仕様、分厚い新規ブックレット入、オビ付。エマニュエル・ブーズはパリ出自のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、60年代末にはエグレジーというバンドのボーカリストとしても活動していた。本作は、76年にフランスのアトランティック/WEAからリリースされたサード・アルバムで、邦題は確か「聖なる浮浪者」。メンバーは、ブーズ、ジョエル・デュグルノー(ex.ZAO,クリアライト)、フランソワ・ジャノー(ex.デライアド・カメレオン・ファミリー,トリアングル,etc)、イヴ・シュアール(ex.エルドン,トータル・イシュー,etc)、ジル・ティネール(ex.ママ・ベア,etc)、セルジュ・アウジ、ミシェル・リポーシェ(ex.ズー,ヴァンゲリス,etc)によるバンド編成で、ジャクリーヌ・エレンシュミットとデュグルノーがプロデュースと音楽監督。スリーヴも演奏も派手な前作と次作に比べ、まずプログレ的ではない地味なスリーヴと歌モノ的内容ということで、巷では評価の低いアルバム。ところがしかし、ブーズはシンガーだからどの作品だって歌モノなのは当然で、トータルな出来のよさでは本作が1番かも知れない。重厚で滑らかな盛り上がりを見せる1,5,8曲目、各パートのソロが炸裂しまくる3曲目等のバンド感溢れるナンバーと、アコースティック・ギターを中心とした弾語り的ナンバーが半々で、バンド・ナンバー群はどれも文句なしにカッコよく、アレスキ&フォンテーヌ、ムスタキ的な様相も見せる独特の暗さを放つアシッド・フォーク調のアコースティック・ナンバー群も非常に味わい深い。何より楽曲がよく、ともかくも文句なしの好盤。素晴らしい!。ボーナスの3曲は、シングル的キャッチーさのあるテクノ/ニュー・ウェーヴ系ナンバーで、これはこれでカッコよさもあって面白かった。

輸入盤/限定プレス/デッドストック入荷
(Progressive/Heavy Symphonic,Jazz Rock,Acid Folk / Paper-Sleeve CD(2011 Re-master) / Musea/France)

EMMANUEL BOOZ/Clochard (1976/3rd) (エマニュエル・ブーズ/France)

価格:

2,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

EMMANUEL BOOZ/Clochard (1976/3rd) (エマニュエル・ブーズ/France)

Emmanuel Booz(vo)
Yves Chouard(g)
Gilles Tynaire(p,syn,ondioline)
Michel Ripoche(vln)
Francois Jeanneau(sax,fl,syn)
Joel Dugrenot(b)
Serge Haouzi(ds)

Produced by Jacqueline Herrenschmidt, Joel Dugrenot


収録曲目
01.Un Jour Vous Partirez
02.Clochard
03.Monsieur Le President
04.La Chanson Des Pendus
05.Assis Sur Les Trottoirs De Ma Ville De Province
06.A Vous Tous
07.Ma Vie Est Bien Comme Ca
08.100 Mille Ans

bonus track:
09.A Quoi Tu Songes
10.Il Faut Changer De Numero
11.Obsolete My Window

ページトップへ