カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAREK GRECHUTA & ANAWA/Same (1970/1st) (マレク・グレフタ&アナワ/Poland)

ポーランドのワーナーから、3面開きデジパックでのリシュー。マレク・グレフタ(マレック・グレッチタ)はザモシチ出身のシンガー・ソング・ライター(SSW)で、クラクフ工科大学在学中の66年頃にヤン・カンティ・パヴルシキェヴィチとともにアナワを結成、70年と71年に2枚のアルバムをリリースして72年にソロに転向した。チェスワフ・ニーメンとともにポーランドの音楽シーンを代表するビッグ・ネームの1人。本作は、70年にポーランドのポルスキー・ナグラニア・ムーザからリリースされたマレク・グレフタ&アナワ名義ファースト・アルバムで、05年のポーランド・ポマトン/ワーナー盤CDのリマスター音源を使った15年リシュー盤。メンバーは、グレフタ、パヴルシキェヴィチ、タデウシュ・コズーフ、アンナ・ボイトヴィチ、タデウシュ・ジジージック、ヤチェク・オスタシェフスキの6人編成を基本に、多くの曲でヤン・ヤルチク、ズビグニェフ・パレタ、マレク・ヤコフスキ、タデウシュ・ボズニアク、ヘンリク・リソフスキ等の他、アリバブキ(女性コーラス・グループ)のゲスト参加がある。プロデュースはゾフィア・ガイエフスカ。基本的には、グレフタの内省的でくぐもったボーカルを軸とした歌モノ系というか、ポーランドの民謡や伝統歌を基調とした楽曲を、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、アコースティック・ギター等の弦楽器とピアノ、アコーディオン、オルガン等の鍵盤楽器を中心に、クラシック色を交えたフォーク&フォーク・ロック調のアレンジで展開。全体に、楽曲には東欧イディッシュ的哀愁と昭和的郷愁感があって、弦楽&鍵盤アンサンブルはシンプルだがかなり上等で上手く、ニック・ドレイク辺りに近似するグレフタのボーカルとのマッチングもハマっている。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Progressive/Psyche,Yiddish Folk,Chamber / Digi-Pack CD(2015 '05Re-master) / Warner/Poland)

MAREK GRECHUTA & ANAWA/Same (1970/1st) (マレク・グレフタ&アナワ/Poland)

価格:

2,280円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

MAREK GRECHUTA & ANAWA/Same (1970/1st) (マレク・グレフタ&アナワ/Poland)

Marek Grechuta(vo)
Jan Kanty Pawluskiewicz(p)
Tadeusz Kozuch(vln)
Anna Wojtowicz(cello)
Tadeusz Dziedzic(g)
Jacek Ostaszewski(contra-b)
Jan Jarczyk(acdn,org)
Zbigniew Paleta(vln)
Marek Jackowski(g)
Tadeusz Wozniak(g)
Henryk Lisowski(ds)
Janusz Stefanski(ds)
Alibabki(vo,choir)

Produced by Zofia Gajewska


収録曲目
01.Wesele
02.Twoja Postac
03.W Dzikie Wino Zaplatani
04.Niepewnosc
05.Piosenka
06.Zadymka
07.Bedziesz Moja Pania
08.Nie Dokazuj
09.Serce
10.Korowod

ページトップへ