カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

TWENTY SIXTY SIX AND THEN/Reflections On The Future(2CD) (1972/only) (2066&ゼン/German,UK)

ドイツのMIG/メイド・イン・ジャーマニーから、70年のデモ音源、71,72年のスタジオ・ライヴ&セッション音源等8曲をボーナスで加えての、2枚組でのリシュー。ボーナス群は、基本的に91年のドイツのセカンド・バトル2LP盤「リフレクションズ・オン・ザ・パスト」に収録されていたもの。トゥエンティ・シックスティ・シックス&ゼンは、デビュー以前のベガーズ・オペラやアイ・ドライヴ、キン・ピン・メイを渡り歩いたイギリス人ボーカリストのジェフ・ハリソンが、一緒にキン・ピン・メイを辞めたガージェイ・ムロジェクと共にマンハイムで結成したグループで、本作は72年にドイツのユナイテッド・アーティスツ(UA)からリリースされた唯一のアルバム。メンバーは、ハリソン、ムロジェク、ファイト・マールフォス(ex.エマージェンシー)、スティーヴ・ロビンソン(ex.ミヒャエル・ブント,etc)、ディーター・バウアー(ex.アエラ)、コンスタンティン・ボンマリウス(ex.アバカス,カルタゴ)の6人編成で、プロデュースはペーター・ペーテルゼン。1曲目から炸裂しっぱなしの、ヘヴィ&サイケなプログレ・ハードを展開しており、オルガンとギターのブルージーなリフとプログレ的アレンジが見事なマッチングをみせる。特に、弾きまくりでドライヴするハモンド・オルガンと饒舌で重いベースは圧巻で、ハスキーな英語シャウト・ボーカルも含め、この重厚なヘヴィネスは素直にカッコいい。ボーナス群も本編に劣らず濃密で、全体にジャーマン・クラウト的B級感とギラギラ感満点の文句なしの好盤。ドナ・サマー、ヴォルフガング・シェーンブロート、カート・クレス(ex.オレンジ・ピール,CCC,etc)を交えたセッションを含むボーナス群も、けっこう楽しめる。カッコよし!。この後、ハリソンとムロジェクは74年にキン・ピン・メイに復帰する。


輸入盤
(Psyche Hard/Blues,Progressive / Jewel-case 2CD(2017) / MIG-Music/German)

TWENTY SIXTY SIX AND THEN/Reflections On The Future(2CD) (1972/only) (2066&ゼン/German,UK)

価格:

2,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

TWENTY SIXTY SIX AND THEN/Reflections On The Future(2CD) (1972/only) (2066&ゼン/German,UK)

Geff Harrison(vo)
Gagey Mrozeck(g)
Veit Marvos(org)
Steve Robinson(org,p,vib,vo)
Dieter Bauer(b)
Konstantin Bommarius(ds)
Wolfgang Schonbrot(fl,sax)bonus
Curt Cress(ds)bonus
Davy Crockett(b)bonus
Donna Summer(vo)bonus
Thomas Klama(g)bonus

Produced by Peter Petersen


収録曲目
(CD1/Reflections On The Future):
1.At My Home
2.Autumn
3.Butterking
4.Reflections On The Fututre
5.The Way That I Feel Today

bonus track:
6.At My Home (studio live)


(CD2/bonus):
1.The Way That I Feel Today (studio live)
2.Spring (duet for two hammonds)
3.I Wanna Stay (the Munich sessions)
4.Time Can't Take It Away (the Munich sessions)
5.Winter (demo 1970)
6.I Saw The World (demo 1970)
7.Steve Robinson - You Are Under My Skin

ページトップへ