カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

LUCIFER'S FRIEND/Mean Machine (1981/8th) (ルシファーズ・フレンド/German,UK)

ドイツのハウリング・ウルフ・レコードから、77〜80年の7&12インチ・シングル6曲(アルバム未収)と、78年12月のロックパラストのライヴ音源3曲の計9曲をボーナスで加えての、3面開きデジパックでのリシュー。ルシファーズ・フレンドは、ハンブルク出身のアステリックスを母体として70年に結成されたグループで、ブルージー・ハードを基調としながらも、プログレ、ポップス、ファンク、メタル色等々を取り込み、時期によってサウンドに変遷を見せた。スコーピオンズやキン・ピン・メイ、フランピィ等とともに、ジャーマン・ハード系の中では知名度のあるビッグ・ネームの1つで、何よりジョン・ロートンがユーライア・ヒープに加入したことでも知られていると思う。本作は、81年にドイツのエレクトラからリリースされたエイス・アルバムで、メンバーは、前作からのペーター・ヘスライン、ペーター・ヘクト、ディーター・ホーンズ、ヘルベルト・ボーンホルト(ex.ラトルズ,etc)の4人に、出戻りロートンを加えた5人編成。ロートンの復帰を期して、前作までのポップ・ハード路線を若干修正したというか、ロートンがいた70年代前半のサウンドに回帰してる感はあるが、結局時代性を反映したヘヴィ・メタル色やポップ・ハード色も担保されている感じ。70年代ハードのブルージーな男気感と、80年代的メタル系様式美とAORポップ・ハード感が、何とも微妙なバランスで同居していて、またしても時代に対して切るカードを間違ったという印象。ともあれ演奏は重厚でカッコよく、この中途半端さが意外に面白かったりもする困った1枚。ボーナス群のボーカルはマイク・スターラス(ex.コロシアム・セカンド,スピニング・ホイール)で、曲によってエイドリアン・アスキュー(ex.エジソン・ライトハウス,アトランティス,etc)もいる。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤/デッドストック入荷
(Pop Hard/Blues,Metal,Pops / Jewel-case CD(2011) / Howling Wolf Records/German)

LUCIFER'S FRIEND/Mean Machine (1981/8th) (ルシファーズ・フレンド/German,UK)

価格:

2,480円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

LUCIFER'S FRIEND/Mean Machine (1981/8th) (ルシファーズ・フレンド/German,UK)

John Lawton(vo)
Peter Hesslein(el-g,ac-g,vo)
Peter Hecht(p,org,cvnt,el-p,syn,vo)
Dieter Horns(b,vo)
Herbert Bornholdt(ds,per,vo)
Mike Starrs(vo)bonus
Adrian Askew(kbd,vo)bonus

Producerd by Lucifer's Friend


収録曲目
01.One Way Street To Heartbreak
02.Hey Driver
03.Fire And Rain
04.Mean Machine
05.Cool Hand Killer
06.Action
07.Born To The City
08.One Night Sensation
09.Let Me Slow Down
10.Bye Bye Sadie

bonus track:
11.Old Man Roller (1978 single)
12.Stardancer (1980 single)
13.1999 (1980 single)
14.Writing On The Wall (1977 single)
15.Stardancer (1980 12inch single)
16.1999 (1980 12inch single)
17.Moonshine Rider (Live At Rockpalast 1978)
18.Sweet Little Lady (Live At Rockpalast 1978)
19.Fugitive (Live At Rockpalast 1978)

ページトップへ