カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

KIN PING MEH/Same (1971/1st) (キン・ピン・メイ/German)

ドイツのエクリプス・レコードから、70,71年の2枚のアルバム未収シングル両面4曲と、71年の未発表アウトテイク&ライヴ音源3曲の、計7曲をボーナスで加えてのリシュー。キン・ピン・メイはマンハイム出身のグループで、地元のローカル・バンドにイギリス人ボーカリストのジェフ・ハリソンが加入する形で69年に結成されている。71年にハリソンとギタリストのガージェイ・ムロジェクがトゥエンティ・シックスティ・シックス&ゼンを結成して分裂状態となるが(2人とも73年のサードでキン・ピン・メイに復帰)、残ったメンバーにヴェルナー・ステファン等を加えて活動を再開した。本作は、71年にドイツのポリドールからリリースされたファースト・アルバムで、メンバーは、ヴェルナー・ステファン、ヴィリー・ヴァーグナー、フリーデル・シュミット、トルステン・ヘルツォーク、カーレ・ヴェーバーの5人編成、アキム・ライヒェルとフランク・ドスタルの共同プロデュース。概ね、泣きのメロディやメロトロンを使ったブリティッシュ的な抒情性を、アメリカ的なカッチリしてタイトな演奏で聴かせるハード・ロックを展開しており、カッチリしたクリアーな英語ボーカルということもあって、ジャーマン・ハードには聴こえない洗練感を放つ。初期ピンク・フロイド的なサイケな効果音やSEは、メインストリーム系の整合感の範疇内で上手く纏めている印象で、いい音で鳴っているギターや流暢なオルガンを中心とした演奏もソリッドで素直にカッコいい。ハード・ロック愛好家ならわりと問題なく楽しめるだろう好盤。尚、16世紀の中国の小説に由来するバンド名は、『黄金の花瓶に活けられた李の小枝』という程の意味らしい。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Psyche Hard/Progressive,Blues,Pops / Jewel-case CD(2015) / Eclipse/German)

KIN PING MEH/Same (1971/1st) (キン・ピン・メイ/German)

価格:

2,480円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

KIN PING MEH/Same (1971/1st) (キン・ピン・メイ/German)

Werner Stephan(vo,ac-g,per)
Willie Wagner(g,mouth-org,vo)
Frieder Schmitt(kbd,vo)
Torsten Herzog(b,vo)
Kalle Weber(ds,per)

Producerd by Achim Reichel & Frank Dostal


収録曲目
01.Fairy Tales
02.Sometime
03.Don't You Know
04.Too Many People(live)
05.Drugson's Trip
06.My Dove
07.Everything
08.My Future

bonus track:
09.Everything's My Way (1970 single)
10.Woman (1970 single)
11.Every Day (1971 single)
12.Alexandra (1971 single)
13.Fantasy 1 (1971 outtake)
14.Killing Time (1971 live)
15.Progressive Blues Jam (1971 live)