カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

EMERGENCY/Same (1971/1st) (エマージェンシー/German,Czech)

ドイツのGTRから、05年新規リマスターでのリシュー。音質はクリアで迫力もあってよい。エマージェンシーは、チェコのプラハで活動していた管楽器奏者のハヌス・ベルカが、シカゴやコロシアム、キーフ・ハートリー・バンドのようなブラス・ロックを志向して、70年にドイツのミュンヘンで結成したグループで、本作は71年にドイツCBSからリリースされたファースト・アルバム。メンバーは、ハヌス・ベルカ、ミロシュ・レッディ、バリー・ニュービー、ユーリ・マトウシェク、オットー・ベズロヤ、ウド・リンデンベルク(ex.パスポート,etc)の6人編成で、ドイツ人のリンデンベルク以外は、ベルカがロック・ミュージカル「ヘアー」のツアーで知り合ったチェコ人ジャズ・ミュージシャン達らしい。例えば初期シカゴやコロシアム辺りに通じる、非常に勢いのよいブラス入ブルース・ロックを展開しており、演奏の上手さとノリのよさ、楽曲のカッコよさ、プログレ的アレンジの巧みさ、インプロの盛り上がり、全て文句なしの好盤。6曲目の「ギミ・サム・ラヴィン」のカヴァー以外はオリジナルだが、どの曲も英米的で適度にブルージーなキャッチーさがあり、英詞シャウト・ボーカルも非常に流暢で洗練感があって、一聴しただけではチェコ/ドイツの混合バンドには聴こえない。全体にバンド感も十分で素直にカッコいいが、少しジャズ色もあるギターとハモンド・オルガン中心のキーボードの達者さ、太いサックスとリリカルなフルートの緩急、グルーヴ満点のベースの弾きまくり感は圧巻。あまり知名度はないかも知れないが、ブルース・ロック&ジャズ・ロック愛好家ならかなり楽しめるだろう、掘出し物的好盤。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues&Swamp/Brass Rock,Blues,Progressive / Jewel-case CD(2005 Re-master) / GTR/German)

EMERGENCY/Same (1971/1st) (エマージェンシー/German,Czech)

価格:

2,580円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

EMERGENCY/Same (1971/1st) (エマージェンシー/German,Czech)

Milos Reddy(vo,per)
Barrie Newby(g)
Jiri Matousek(kbd,per)
Hanus Berka(sax,fl,per)
Otto Bezloja(b)
Udo Lindenberg(ds,per)

Producerd by Hanus Berka


収録曲目
1.Springtime
2.Jump Into Your Grave
3.Times Passed By
4.Love Is Here To Stay
5.My Woman's Gone Now
6.Gimme Some Lovin'

ページトップへ