カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

BULL ANGUS/Free For All (1972/2nd) (ブル・アンガス/USA)

USAのマンダラから、デジパックでのリシュー。ブル・アンガスはニューヨーク州ポキプシー出身のグループで、ラリー・ラファルスとディーノ・パオリッロの2人のギタリストが中心となって、60年代末頃に結成されたようだ。アンガス種の牛を飼育する牧場の納屋を借りてリハーサルしていた時に、このバンド名にしたらしい。本作は、72年にUSAマーキュリーからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーはファーストと同じフランキー・プレヴィーテ、ラリー・ラファルス、ディーノ・パオリッロ、ロン・ピッコロ、レニー・ヴェンディッティ、ジーノ・チャールスの6人編成、プロデュースもヴィニー・テスタ。基本的には、前作の延長線上にあるブルージー・ハードを展開しているのだが、ピッコロがオルガンよりピアノを多用していることもあって、ちょっとフェイセズ的な渋みが加味されたヘヴィ・ブルース・ロック的サウンドに仕上がっている。さらに、哀愁のリコーダーが上手いマッチングを見せる3曲目のようなプログレ的ナンバーもあり、ファーストのB級ハード感を損なうことなしに幅が広がっている印象で、ラウドなゴリゴリ感と流暢な洗練感が同居する演奏も熟れて来ている感じ。ハード・ロックのマナーを基調とした、小粋なヘヴィ・ブルース・ロックまたはブルージー・プログレとしても十分成立しており、楽曲も演奏も素直にカッコよく、ファースト同様に知名度は低いだろうが、ハード・ロック&ブルース・ロック愛好家、さらにはプログレ愛好家も楽しめるだろう好盤。カッコよし!。

輸入盤/デッドストック入荷
(Blues Hard/Heavy Blues,Progressive / Digi-Pack CD(2010) / Mandala/USA)

BULL ANGUS/Free For All (1972/2nd) (ブル・アンガス/USA)

価格:

2,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

BULL ANGUS/Free For All (1972/2nd) (ブル・アンガス/USA)

Frankie Previte(vo,rcdr,per)
Larry LaFalce(g,vo)
Dino Paolillo(g,vo)
Ron Piccolo(org,p,vo)
Lenny Venditti(b)
Geno Charles(ds,per)

Producerd by Vinny Testa


収録曲目
1.Lone Stranger
2.City Boy
3.Loving Till End
4.Savoy Truffle
5.Drivin' Me Wild
6.(We're The) Children Of Our Dreams
7.Train Woman Lee

ページトップへ