カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

WARHORSE/Red Sea (1972/2nd) (ウォーホース/UK)

ドイツのレパートリーから、未発ライヴ&デモ音源6曲(UKエンジェル・エアー盤と同じ)をボーナスで加えての、10年新規リマスターでのリシュー。スワイラル・ヴァーティゴ・ロゴマーク入。ウォーホースは、ディープ・パープル脱退後にニック・シンパーが参加したマーシャ・ハントのバック・バンドを母体して、マーシャの妊娠で活動休止状態となったのを機に、70年に名前をウォーホースとして結成された。結成当初はリック・ウェイクマンが在籍していたが、ストロウブス参加の為に早々に脱退し、代わりに元ヴェルベット・フォグのフランク・ウィルソンが加入してヴァーティゴと契約した。本作は、72年にUKヴァーティゴからリリースされたセカンド・アルバムで、メンバーは、前作からのシンパー、ウィルソン、マック・プール、アシュリー・ホルトの4人に、新たにピーター・パークスを加えた5人編成、バンドとイアン・キメットの共同プロデュース。前作からのパープル路線は基本的に変わっておらず、新加入のパークスのギターが前任のペックに比べてよりリッチー・ブラックモアっぽく、各パートのパープルっぽさはより増している感じなのだが、楽曲や演奏は少し重さが薄れ全体によりキャッチーな印象を受ける。ただ、当時のディープ・パープルがライヴでよくやっていたような、1コードの長尺インプロでギター中心に盛上がるヘヴィなナンバーもあり、泣きのギター・ソロやジョン・ロード・ライクなオルガンも飛び交っていて、あがきつつも結局はパープル・ライクなサウンドに収束していっている感じ。ファースト、セカンド共に甲乙付け難く、B級ブリティッシュ・ハードとして上々の味わい深さを放っており、パープル愛好家は勿論、B級ハード・ロック愛好家なら問題なく楽しめるだろう。この後、シンパーとパークスは78年にファンダンゴを結成、プールはブロークン・グラス、ホルトはリック・ウェイクマンのバンドへ。

只今在庫切れとなってしまいました。ご予約オーダー・お問い合わせ等は、問い合わせフォームからお受けいたします。入荷見込み・時期など現在の状況を改めてお知らせいたします。

輸入盤
(Blues Hard/Progressive,Psyche/ Jewel-case CD(2010 Re-master) / Repertoire/German)

WARHORSE/Red Sea (1972/2nd) (ウォーホース/UK)

価格:

1,680円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

WARHORSE/Red Sea (1972/2nd) (ウォーホース/UK)

Ashley Holt(vo)
Nick Simper(b)
Peter Parks(g)
Frank Wilson(kbd)
Mac Poole(ds)

Producerd by Ian Kimmet & Warhorse


収録曲目
01.Red Sea
02.Back In Time
03.Confident But Wrong
04.Feeling Better
05.Sybilla
06.Mouthpiece
07.I (Who Have Nothing)

bonus track:
08.Ritual (live)
09.Bad Time (demo)
10.She Was My Friend (demo)
11.Gypsy Dancer (demo)
12.House Of Dolls (demo)
13.Standing Right Behind You (demo)

ページトップへ